◆動画、等(クリックされればリンク先に行きます)
動画
リンク       
 軽量 ページネーション
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

◆【過去記事移動】北朝鮮が侵攻する日+α


 
  【過去記事移動】 過去、このブログに書いている中で、今でも使えそうな話を移動します。 - 2009年8月12日編集(書いたのは7月)



北朝鮮に不法侵入で捕まった米国人救出に、元大統領のクリントン氏が訪問して連れ戻した。

良かった良かった。・・などと、単純な話では無い。

あの話題には、私が懸念している危険性がいくつも含まれている。



■まず、日本国民は真剣に考えて頂きたいのだが、北朝鮮という国は、日本に【不法侵入し、拉致して来た国】であるということだ。

自分達がやって来たことは知らぬ存ぜぬ、さらには軍事訓練だったと開き直る。

一方では、自分の国に来た者は侵入者として、米国との交渉武器にする。



■ちなみに、私は人の顔よりは目を見るタイプだ。

あのTVに写っていた将軍様は、完全に別人の目をしていた。

笑顔も全然違う、別人顔だ。

クリントン氏は、いったい誰と交渉したのだろう?

何を交渉したのだろう?

クリントン氏や関係者が、影武者将軍だと気付かない筈は無い。



■あたかも平和的外交で救出したように見せかけて居るが、あの国は見返りがなければ話にならない国だと、米国も承知のはず。

答えは、おのずと知れて来る。

もう、米国の手に負えない国になったということを示している。

米国は、北朝鮮の核ミサイルを怖れていることが、あからさまになった事件でもある。

米国は極東アジアの紛争には、米国人の犠牲者を出したくないのだろう。



■さらに、オバマ大統領は「ノーベル平和賞」を狙っている。

そしたらどうなる。

米国は、極東アジアの紛争には不干渉の姿勢を保つだろう。


やがて、日本、韓国、台湾の親米国は、「自分の国は自分で守れ」となって来る。

いや、実際に、現在只今そうなっているのだが・・。



今朝のTVを見ていても、将軍様自身に触れる話題を出したマスコミは皆無だった。

気付かない筈は無いのだが、敢えて触れようとしないのが見て取れる。


今回、【国防を論議しない】民主党から、それらのマスコミから議員候補が大勢出馬するようだ。

民主党政権下では、国難は覚悟しなければならない・・。



韓国でも異変が起きている。

前大統領の自殺により、国民感情が大揺れに揺れている。

現大統領に批判の矛先が向いている。

その批判の矛先を日本に向けて来るだろう。

今こそ韓国国民は、一致団結していなければならない時期なのに、非常に危険な兆候だ。



韓国も日本も、どの方向を向けば良いのか解らなくなっている。

さらには日本人の危機意識は、あまりにも薄過ぎる。

遠く離れた地球の裏側の話ではない。

お隣の国から、軍事的脅威を放たれている。


知識と技術はある。

お金もある。

人材もある。

無いのは、現政治関係者に「国民を絶対に守る!」という強いリーダーシップを持つ人達だ。

明治維新のように、新しい未来ビジョンを持つ人達だ。



当時の幕府や譜代大名では日本は守れなかった。

自国のためよりも、自分達の事ばかりに考えが向いていたからだ!

今の自民党や民主党と似ている。


あの世紀の大革命ともいえる明治維新は、外様大名と志士達の力で為された。

彼等は、新しい世の中の未来ビジョンを持っていた。

だからこそ、今の日本がある。



■日本を取り巻く環境は、厳しいものになっている。

国難が迫っている。

民主党政権では、絶対に、国難には立ち向かえない!

・・国民を失ってしまう。


未来ビジョンの無い政党は、その場しのぎの政策に終始する。

どうしても自転車操業化してしまう。



■すでに、自民、民主の二大政党の時代では無い。

もうひとつ、新人だが素人集団では無く、大きなビジョンと現実政策を持つ幸福実現党が居る。


【幸福実現党】小田正鏡氏による応援演説 2009年7月25日(1)


【幸福実現党】小田正鏡氏による応援演説 2009年7月25日(2)


【幸福実現党】小田正鏡氏による応援演説 2009年7月25日(3)



■ある造船所に行った。

社長は不在で息子さんが応対された。

以前から気になっていた事があるので、そっと聞いてみた。

日本の今の造船技術で空母は造れるかと・・。

答えはアッサリしたものだった。

『簡単に造れる』との事。



「そうか、造船技術は落ちていなかったか」と、少しは安心した。

さらに彼は、『国産ステルス機も可能だ』と言う。
(これは2015年の今、実現しようとしている)

空母を造る能力も維持しているのだから、当然、国産機も可能だろう。



■私は、決して好戦的な人間じゃない。

戦いは嫌いだ。

子供の頃は喧嘩はしたが、我慢に我慢をした上で、我慢の限界を超えた時、反撃していた。

殴り合う必要は無かった。

たった一発の反撃で相手は降参。

猫なで声に変身した男も居たが、今は暴力組織で頑張っているようだ。



■話を戻すが、ステルス機の攪乱塗料の発明者は日本人だ。

ブルーレイの発見者も日本人だが、今はアメリカに住んでいる。

昨年のノーベル賞の3人の日本人のうちのひとりは、アメリカに住んで、アメリカで研究開発に携わっている。

優秀な頭脳が、どんどん国外に出ている。

いくら輸出大国だからと云って、そんな人達まで輸出するとは、なんとも恥ずかしい限りだ。

日本に帰って頂けるシステムを作る必要があるかと思う。



■これをインドはやっている。

海外技術を学んだ人達を、[愛国心]で呼び戻している。

素晴らしいことだ。


すでに日本は、数学力ではインドには敵わない。

2桁掛算が暗算で出来る若者にお目に掛かったことは無い。

[ゆとり教育]のもたらせた弊害は大きい、大き過ぎる。

元の位置まで戻すのに、何年掛かるかと思うと気が重くなる。



■ドクター中松さんが、[幸福実現党]に入られたようだ。

こういう人達に賛同して頂けるのは有難い。

ミサイルは電波誘導しているので、妨害電波や攪乱電波は論じられて来たが、リターンさせるとは面白い。

不可能な話では無い。

これは、プロジェクトを組んで、すぐにでもやるべきだ。


撃ったミサイルが戻って来れば、核ミサイルは撃てなくなるだろう(笑)

こういう突飛とも思えるようなアイデアマンが、各分野に居るのが[幸福実現党]でもある。



[追記:2015年8月23日]

■現安倍政権は、この6年前から[幸福実現党]が訴えて来た経済政策を模して、例えば大胆な金融緩和(血流を良くする)を為しました。

それ自体(血流を良くする)は良かったのですが、一方では消費増税という、国民の血液を抜くことをしています。

これを人体に当てはめれば、健康・病気を問わず誰からも血液を抜き、その代わりにカフェインドリンクを出すようなものです。

一時期は、カフェインドリンクで元気になったように思いますが、貧血状態を促進されては、体力は落ちる一方です。

やらねばならぬことは、貧血状態(デフレ)を治し、回復(緩やかなインフレ)から、健康体(経済成長)へと繋げることです。

安倍政権は、経済路線そのものが、論理矛盾しています。



■私は6年前から、もっと前から、空母・ステルス機の国産化を望んでいました。

空母は大艦隊が必要になるので、軽空母で充分です。


そして、ミサイル防衛です。

瞬時に、ミサイル誘導電波を把握出来れば、同じ電波で乗っ取ってしまえば良いことです。

人間の心の電波に同調したモノが入るように(笑)

その仕組みが解かるのは、意外と宗教かも・・です。


日本が、このような武器を持つ事は、危険ではありません。

持つ事で、日本のみならずアジアの安全が担保されます。




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
関連記事
スポンサーサイト

Trackback [0] | Comment [0] | Category [政治・経済] | 2015.08.25(Tue) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 アルバム
 最新記事一覧(サムネイル画像付き)
◆【無から有へ】何も無い処から、生み出す・創りだす面白さ Apr 27, 2017
◆【礼、智、 信、義、勇、仁、徳】仏の智慧で世界を救い導け。正義を貫き、不義に妥協することなかれ。 Apr 26, 2017
◆【目は心の窓】個性さまざま、放ち放たれた言葉 Apr 25, 2017
◆【正論、必ずしも正義ならず】義憤としての冷静な怒り Apr 24, 2017
◆【知は力】失敗を反省し、繰り返さないことの大切さ Apr 23, 2017
◆【幸福の科学:緊急霊言】追い詰められた金正恩守護霊、トランプ氏に挑発メッセージ Apr 21, 2017
◆【病原菌の正体】新型インフルエンザに思う Apr 20, 2017
◆【反省と感謝】暴風雨人生から立ち直るには反省と感謝が絶対不可欠。常態化すれば上昇階段が現れるだろう。 Apr 19, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々(3) Apr 18, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々(2)。 Apr 17, 2017
◆【国民の生命を護ろう!】核・水爆・EMP・生物・化学兵器に、何等の抑止力を持たない日本国 Apr 16, 2017
◆【若き頃のバイタリティは素晴らしい】大学時と共産主義者との出逢い Apr 16, 2017
◆【北朝鮮危機】今こそ日本人の本物の信仰心の試される時 Apr 15, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々。 Apr 15, 2017
◆【雨・風・雷・台風】偶然にしては、あまりにも・・ Apr 14, 2017
◆【不思議な出来事】ネットで起きた実話、夢の中で見た真実、信じられないような話・・ Apr 14, 2017
◆【驚きと得心】本物の宗教に出逢えた喜びを、体験談として少しだけ Apr 13, 2017
◆【天国vs地獄は、信仰心vs無神論・唯物論】日本国家を救えるのは無神論者・唯物論者では無い。信仰心溢れる人達こそが日本を救い世界を導く Apr 12, 2017
◆【天国vs地獄】幸福の科学に出逢えて良かった!嘘偽りの無い本当の話 Apr 12, 2017
◆「幸福の科学」の教えには人類普遍の法則が説かれている Apr 12, 2017
◆【奇病】明るい心は光と、暗い心は闇と、波長は同通する Apr 11, 2017
◆【永遠なる魂と本物の真理】創価学会員の義叔母が亡くなった。晩年の義叔母は[幸福の科学の生命の法]を大絶賛し近所の人達に見せていた。 Apr 11, 2017
◆【人生の王道】人生の終末期に起きること Apr 11, 2017
◆【10年前の私的政治思考】選択の自由には責任が伴う(2008年:幸福実現党始動前のブログ) Apr 10, 2017
◆まずは、自らを高める Apr 10, 2017
◆【信仰心は未来を見る力】何を信じて、何と縁を持つかで未来が変わり、この世の生き方で還る場所が違う。 Apr 10, 2017
◆【未来は光か闇か】光は放射する事で闇を打ち消すが闇を放射して光を消す事は出来ない。光を取るのか?闇を取るのか? Apr 09, 2017
◆【愛のテーブル】愛は光。光の放射で闇は消えるが、闇を放射しても光は消えない。 Apr 09, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう Apr 09, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう Apr 09, 2017
◆【自殺は悪】自殺してはいけない本当の理由 Apr 09, 2017
◆無用の用 Apr 08, 2017
◆悪にも「為す悪と為さぬ悪」があります Apr 08, 2017
◆【自殺しないでください】天上界から見たら、自殺も他殺も同じです Apr 07, 2017
◆【My Life】仮面の母 Apr 07, 2017
◆【My Life】父の死 Apr 06, 2017
◆【病魔との戦い】大量の病気、絶対治らないと言われた病気まで、全部治った! Apr 05, 2017
◆【人生相談】うつ病の母との葛藤の中、自分も同じ病に Apr 04, 2017
◆【祈願(前)の奇跡】母の極度の痴呆が、瞬時に治った。 Apr 03, 2017
◆【自分記】神さまの子? Apr 03, 2017
◆【My Life】人ありてこそ我あり Apr 02, 2017
◆【祈願】への疑問。その仕組を知り得心。 Apr 02, 2017
◆【田布施システムは嘘!】血筋より志(こころざし)(過去記事移動 + 加筆) Apr 01, 2017
◆【国防はどうした!】北に核ミサイルを撃たせるな!半島情勢の今と今後は? Mar 22, 2017
◆【未熟な現代科学】知ってるつもりの現在の科学文明、そして未来。 Mar 15, 2017
◆【公教育の質を問う】学校、先生、PTAって? Mar 14, 2017
◆【真なる改革者は在野から】既存地位のある者の中から、真の改革者は生まれていない。 Mar 13, 2017
◆【日本は世界平和貢献国】東洋と西洋の文化の交わる地、日本を思う。 Mar 12, 2017
◆【苦と霊的人生観】苦を試練として受け止めよう Mar 11, 2017
◆【成長する秤(はかり)】苦しみの限界は、さらなる限界を乗越える事で、ステップアップする。 Mar 10, 2017
 全記事表示リンク
 【展開可能な】ツリーカテゴリ表示
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m