◆動画、等(クリックされればリンク先に行きます)
動画
リンク       
 軽量 ページネーション
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

◆【暴力革命戦士達は、今いずこ】日本の学生闘争の残した爪痕は現代にも禍根を残している。


今、社会科が苦手だった私が、日本の近代・現代史を、ネットを使って学び直している。

1840年*************アヘン戦争(清)
1850年*************太平天国の乱(清)
1853年(嘉永6年)********黒船来航
1856年-1860年 *********アロー戦争(清)
1854年03月31日(嘉永7年3月3日)*日米和親条約
1858年(安政5年)********安政の大獄
1868年01月25日(明治元年)****明治元年
1890年11月29日(明治23年)****大日本帝国憲法
1894年07月01日(明治27年)****日清戦争(第1次日中戦争)
1895年03月29日(明治28年)****三国干渉
1900年*************義和団の乱(清)
1904年02月08日(明治37年)****日露戦争
1909年10月26日(明治42年)****伊藤博文暗殺
1910年08月29日(明治43年)****日韓併合
1914年-1918年(大正2年-6年)**第一次世界大戦
1937年(昭和12年)********支那事変(第2次日中戦争)
1939年-1945年(昭和14年-20年)*第二次世界大戦
1941年12月12日(昭和16年)****大東亜戦争(太平洋戦争)


■昨日、ザっと覚えている事件の単語を拾い出して見た。

拾い出したい人物も100人以上は居るし、こうした事象・事件・戦争の背景と関わった人物との関連が、頭の中で整理出来るまでやるだけやってみる。

「何を、今さら」と自分でも思っているが(笑)

例え苦手な歴史にしても、一目瞭然とまでは行かなくても、頭の中でゴチャ混ぜになっているのが嫌なのだ。

そして、半世紀前(笑)の知識のままなので、確認の意味もある。


■私の中2時代の[まとめノート]には、こうした単語だけは習っているが、詳細な事は何も教えられていないからでもある。

さらには、【自虐史観】など教えられていないと思っていたが、【韓国併合=強制的併合】と、ノートには書いている。

韓国併合は、決して強制的併合では無い。朝鮮王朝から頼み込まれての【やむなし併合、対等併合】だった。


■意図的かどうかは解からないが、そうした嘘を教え込まれていた。

【あの先生なら】と思えないでもないが、私の時代から、そうした素地があったと思うと、私の同世代から【革マル派】達が出た理由も納得が行く。

当時の8割の先生は、日教組先生だったが、【日の丸掲揚、君が代斉唱】には厳しかったし、左翼イデオロギーを持つ先生達は少なかった。

だが、極く一部でも、そうした左翼思想教師が居た事が怖ろしい。




■ちなみに私は、1960年安保反対運動は知らないが、1970年安保反対の時には、【真っ只中】にいた。


今の40代から下の若い世代の人には解からないかも知れないが、かつての日本でも、今のウクライナやタイのような、国内紛争が有ったのだ。


違うのは、銃火器(過激派は火炎瓶を投げて居た)が無かっただけだ。


過激派学生(赤軍派、革マル派、中核派、解放派、全共闘、等多数)と、警察機動隊(警察の訓練部隊)との衝突は、日常茶飯時だった



■当時の大学生にとっては、【学生運動家】と呼ばれる事が、時代のトレンドのようになっていた。

だがそれも、大学生達全体からみれば、ほんの一握りの者達に過ぎない。

さらには、面白半分、単なる流行でやっていた者も多い。

◆日本の学生運動(全日本学生自治会総連合[全学連])


この中には、有名大学がゾロゾロ出て来る。そこにこそ、注目・着眼点を置いて欲しい。


特に、東京大学は、全国の左翼学生を引張って居た。

東京大学、京都大学等のトップ・エリート達の中には、【左翼思想家】が社会に出て、今の日本の中核に潜んでいる。

そうした今の彼等は、表だった行動は取らないが、何かに付けて【左翼思想運動】をバックアップしていると思える。

薄ら怖ろしくもあり、日本にとっては[獅子身中の虫]でもある。




町内会長、自治会長と言えば、聞こえも良く、信用・信頼される人だと思うが、私はそうした人の中にも、元学生運動家だった人達を知っている。

彼等の殆どは、市役所・教員等の元公務員だ。彼等が社会に入って、普通になったのかどうかまでは解からない。

ただ、先日、[河野談話の撤回署名]を求めに行った時、「考え方が違う」と言われて書いてもらえなかった人も居る。

地域のお世話は熱心にされているので、「考え方が違う」のは仕方が無いが、かつての[革命戦士魂]が心の奥に眠っているのであれば困る。




■私の友人達にも、【革マル派、中核派】達も居たが、殆どの者は【若き頃の自分】を忘れている(笑)

10年前までは、「若気の至りさ。もう頼むから言ってくれるな」と懇願(笑)していた者が、今では【そんな事、あったかな?】と、本気で言っている(笑)

覚えている私の方が、おかしいように言う(笑)

だが、10年前の言葉は、傍に居た妻も、しっかり聞いて覚えている(笑)


忘れたい過去を、酒を飲むことで無理矢理消し去る事が出来るのか?知らないが、私には真似が出来ない。

もちろん何度も言うが、私も常日頃、覚えている訳ではない。【何かのキーワード】で、[記憶の整理タンス]が開くのだ。

忘れたい過去を持つ者達は、その[記憶の整理タンス]が開かないのかも知れない。

それはそれで結構な事だが、【お前の言うこと、本当か】と笑い飛ばすのだから、歳を経る事に【事実の差が出て来る】事には閉口する(笑)




■そうした私の友人達や弟もそうだが、【自分に不都合な事は忘却の彼方に】と言う、器用な能ミソを持つ者達には、ある意味感心する。

私には真似が出来ない。

私は、おそらく人一倍は物覚えが良いかと思うが、それでも[記憶の整理タンス]が開かない事もある。多くなったかも(笑)


■そして、なんと表現したら良いか・・

体の動きは、全盛期とは比べようも無いほど落ちているが、それでも同世代の中では元気な方だ。

ただ若い頃から、120%・150%の力を出しても、他人が驚くような事をしても、自分自身の中では(まだまだこんなものじゃない)と言うようなものがある。

あらゆる達成感は一瞬のものであって、満足感を感じる事は有っても、充足感となると、力の半分も出していないような気がしてならない。




それは、おそらく、[幸福の科学の総裁]も同じではないかと思う。

[幸福の科学の総裁]は、持てる力の、1/100、1/1000程度しか出せて居ないのでは?と、思う事は多い。


もちろん、私のような平凡人とは、その【条件】が異なると思う。

[幸福の科学の総裁]が、充分に、その力を出せるには、それなりの環境が整わないと無理だと思う。

だから今はまだ、小指でハジく程度の力しか出されていないと思えるし、霊能力もスイッチのオン・オフを使い分けられて居るようにも思える。


■それは私も同じだからでもあるが、レベルが遥かに違うので、私の推測に過ぎないが、そのように感じる事は少なくない。

私も[幸福の科学]に入信時には、何がどうなったのかは解からないが、通常では有り得ない事が続いた。

ある時、悪霊か悪魔か何か知らないが、私自身の中に入って来た事がある。

私自身、入信したばかりなので、油断もあったと思うが、それ以前に【知識】が無かった(汗)。

だから、自分の中に【何か邪悪なモノが入っている】事は解かっても、追い出す方法が解からない。

祈りも効かない(悪撃は習っていなかった)、体の小刻みな震えは止まらない、気は変になりそうだった。

その時は、【感謝の想い】が湧き出したトタンに、ガクン!と体が揺れるような勢いで何かが逃げ去った。

それ以来私は、人中に出る時とかは感性型の自分をオフにして、極力、鈍感になるように訓練・努力をして来た。

そして、本当に鈍感になってしまった(笑)




■私のような平凡人でさえ、そうなのだから、[幸福の科学の総裁]は、相当にスイッチのオン・オフを使い分けられて居られると思う。

・・でなければ、この3次元でも光輝き眩しくて、目に見る事すら難しいと思う。

実際、私は、最初の段階で、そうした経験をしている。総裁先生の姿が光に包まれて見えなかったのだ。


■別に、私に霊能力があるのでは無く、入信時の私が【百目小僧】になっていたからだ(汗)

最初から【この教団は本物だ】と確信はしていたが、それでも万一違っていたら、私は私の周辺の人達に大迷惑を掛けてしまうからだ。

だからこそ、慎重に慎重にと、体中を【百目小僧】にして(笑)、(おかしな処は無いか)と見ていたが、何ひとつ見付からない。

それどころか、妻、長男、長女、母と、三帰する度に、家の中は、入信前の暴風雨状態から自然ユートピア化していた。


■それ以降の私は、普段は殆どスイッチのオフ状態だが、朝の静かな空間時には、スイッチ・オンになる時がある。

その時にメモしたものは、今はどこかに行ってしまったが、数百頁にも及ぶ落書きだらけで(汗)、後から見たら驚くような事まで書いていた。

その事は、傍に居た妻も見ているので、頑なクリスチャンだった妻も、入信後から[幸福の科学]の本を読み始めた。

私の、急激な異変に、負けたくなかったのかも知れないが(笑)




私の場合は、周囲の【期待度】に合わせて、力のサジ加減をして来たかも知れない。

最近になって、つくづくそう思う。

【期待度】が小さければ、それなりに。【期待度】が大きければ、それなりに。・・と、適当に手抜きをしていたような気がしないでも(汗)

その証拠と言っては変だが、20歳の時には、当時の大人が誰も出来なかった事を、為し遂げている。

副業店を作った時も、「どうせやるなら日本一になってやる」と宣言していた。

ネット知人達から『まあまあ、そう気張らずに』と言われても(汗)、本気だった。

そして、知らない間にネット検索では第1位になっていた。

日本全国から『ネット検索したら一番上に居られるので』と、電話が掛かるようになっていた。

これ等(日本一になる)は、私の【願望】であり、【目標】でもあった。


それ(目標)を達成してしまうと、トタンに大波が寄せて来るのは、何かの因果か。よほど過去世で酷い事でもしたのだろうか(汗)

のんびりと遊ばせてもらえる余裕も、もらえない(笑)

落ち着いたと思ったら、突き落とされ、マイナス地点から再出発だ(笑)

【貧・病・争】の極限状態に置かれ、マイナス地点からの再出発は、相当な力が要る。

だけども、そうしたお陰で、そうした経験を持っているので、今の私がある。

これぞ醍醐味だ(痩せてはいないが、痩せ我慢(笑))




■何か別の話を書くつもりだったが、いつものように脱線。

・・[全学連]の話だった(汗)

当時の[全学連]世代は私達世代で、極く極く一部には残っているかも知れないが、おそらく1周り下の世代の人達が、思想踏襲しているものと思う。

そうした人達も、あと10年すれば、新しい世代の人と変わると思う。

沖縄で[革マル派]を名乗っていた人達も、体力的ピークを過ぎて、やっとだと思う。

すでに私達団塊世代の[革命戦士]達は、体力低下と非現実さに、力を失っている。


だから東京大学中心の【左翼思想家】の教授達は、後世に[革マル派]達を残さない事だ。

【左翼思想家】には中国からの援助が大きいとは思うが、運動家達の【資金補給路】を経てば、殆どが【思想なき集団】なので自然消滅するだろう。

左翼活動家の多くが教員・公務員でもあるので、【公務員の生涯生活保証】をやめて、いつでも正当にクビに出来るシステムにして欲しい。




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ

関連記事
スポンサーサイト

Trackback [0] | Comment [0] | Category [未別] | 2014.03.14(Fri) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 アルバム
 最新記事一覧(サムネイル画像付き)
◆【さまざまな人生模様】素晴らしい二人の体育教師 Apr 28, 2017
◆【無から有へ】何も無い処から、生み出す・創りだす面白さ Apr 27, 2017
◆【礼、智、 信、義、勇、仁、徳】仏の智慧で世界を救い導け。正義を貫き、不義に妥協することなかれ。 Apr 26, 2017
◆【目は心の窓】個性さまざま、放ち放たれた言葉 Apr 25, 2017
◆【正論、必ずしも正義ならず】義憤としての冷静な怒り Apr 24, 2017
◆【知は力】失敗を反省し、繰り返さないことの大切さ Apr 23, 2017
◆【幸福の科学:緊急霊言】追い詰められた金正恩守護霊、トランプ氏に挑発メッセージ Apr 21, 2017
◆【病原菌の正体】新型インフルエンザに思う Apr 20, 2017
◆【反省と感謝】暴風雨人生から立ち直るには反省と感謝が絶対不可欠。常態化すれば上昇階段が現れるだろう。 Apr 19, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々(3) Apr 18, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々(2)。 Apr 17, 2017
◆【国民の生命を護ろう!】核・水爆・EMP・生物・化学兵器に、何等の抑止力を持たない日本国 Apr 16, 2017
◆【若き頃のバイタリティは素晴らしい】大学時と共産主義者との出逢い Apr 16, 2017
◆【北朝鮮危機】今こそ日本人の本物の信仰心の試される時 Apr 15, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々。 Apr 15, 2017
◆【雨・風・雷・台風】偶然にしては、あまりにも・・ Apr 14, 2017
◆【不思議な出来事】ネットで起きた実話、夢の中で見た真実、信じられないような話・・ Apr 14, 2017
◆【驚きと得心】本物の宗教に出逢えた喜びを、体験談として少しだけ Apr 13, 2017
◆【天国vs地獄は、信仰心vs無神論・唯物論】日本国家を救えるのは無神論者・唯物論者では無い。信仰心溢れる人達こそが日本を救い世界を導く Apr 12, 2017
◆【天国vs地獄】幸福の科学に出逢えて良かった!嘘偽りの無い本当の話 Apr 12, 2017
◆「幸福の科学」の教えには人類普遍の法則が説かれている Apr 12, 2017
◆【奇病】明るい心は光と、暗い心は闇と、波長は同通する Apr 11, 2017
◆【永遠なる魂と本物の真理】創価学会員の義叔母が亡くなった。晩年の義叔母は[幸福の科学の生命の法]を大絶賛し近所の人達に見せていた。 Apr 11, 2017
◆【人生の王道】人生の終末期に起きること Apr 11, 2017
◆【10年前の私的政治思考】選択の自由には責任が伴う(2008年:幸福実現党始動前のブログ) Apr 10, 2017
◆まずは、自らを高める Apr 10, 2017
◆【信仰心は未来を見る力】何を信じて、何と縁を持つかで未来が変わり、この世の生き方で還る場所が違う。 Apr 10, 2017
◆【未来は光か闇か】光は放射する事で闇を打ち消すが闇を放射して光を消す事は出来ない。光を取るのか?闇を取るのか? Apr 09, 2017
◆【愛のテーブル】愛は光。光の放射で闇は消えるが、闇を放射しても光は消えない。 Apr 09, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう Apr 09, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう Apr 09, 2017
◆【自殺は悪】自殺してはいけない本当の理由 Apr 09, 2017
◆無用の用 Apr 08, 2017
◆悪にも「為す悪と為さぬ悪」があります Apr 08, 2017
◆【自殺しないでください】天上界から見たら、自殺も他殺も同じです Apr 07, 2017
◆【My Life】仮面の母 Apr 07, 2017
◆【My Life】父の死 Apr 06, 2017
◆【病魔との戦い】大量の病気、絶対治らないと言われた病気まで、全部治った! Apr 05, 2017
◆【人生相談】うつ病の母との葛藤の中、自分も同じ病に Apr 04, 2017
◆【祈願(前)の奇跡】母の極度の痴呆が、瞬時に治った。 Apr 03, 2017
◆【自分記】神さまの子? Apr 03, 2017
◆【My Life】人ありてこそ我あり Apr 02, 2017
◆【祈願】への疑問。その仕組を知り得心。 Apr 02, 2017
◆【田布施システムは嘘!】血筋より志(こころざし)(過去記事移動 + 加筆) Apr 01, 2017
◆【国防はどうした!】北に核ミサイルを撃たせるな!半島情勢の今と今後は? Mar 22, 2017
◆【未熟な現代科学】知ってるつもりの現在の科学文明、そして未来。 Mar 15, 2017
◆【公教育の質を問う】学校、先生、PTAって? Mar 14, 2017
◆【真なる改革者は在野から】既存地位のある者の中から、真の改革者は生まれていない。 Mar 13, 2017
◆【日本は世界平和貢献国】東洋と西洋の文化の交わる地、日本を思う。 Mar 12, 2017
◆【苦と霊的人生観】苦を試練として受け止めよう Mar 11, 2017
 全記事表示リンク
 【展開可能な】ツリーカテゴリ表示
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m