◆動画、等(クリックされればリンク先に行きます)
動画
リンク       
 軽量 ページネーション
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

◆【宗教と科学の融合】新発想の多くは天上界の叡智であり、天上界からのインスピレーションが先にある。ゆえに宗教観なくして本当の科学の発展はない。


■今年の2月号の[Future Express]を観ていなかったので、今朝起きて観てみると、【緩るまないネジ、二重ネジ】の話が出ていて、驚いた。

竹増光家さんが「二重ねじ機構に基づく極めて緩みにくいボルト締結体の転造加工」という特許を取得。
平成20年に日本塑形性加工学会賞を頂かれたようだ。(【二重ねじ】で検索されたら、PDFで出てきます)


■なぜ?、そんな話をしているのかと言うと、私が町工場をしていた時に、一番困ったのが機械の故障だったからだ。

その故障の殆どが、【ネジの緩るみ】から来るもので、若かった(当時高2)私は、機械の故障を治すのが仕事だった。

機械は左右に揺れ動くので、【ネジの緩るみ】は、常に起きていた。

(この緩るみを何とか出来ないものか)と考えた私は、【二重ネジ】にしてみた。

ナットを2つボルトにねじ込むだけで、【1つめのボルトの緩む力と、2つめのボルトの締める力の相互干渉作用を利用した。

【ネジの緩るみ】は少しは緩和されたが、激しく動く機械では、やはり緩るむ。


■そこで考えたのが、2つのナットのうちの、1つナットのピッチを変えた。

解かりやすく言えば、ネジ山を1つ置きにしたナットだ。

近所の鉄工所に特注し作ってもらって組んだら、予想通りに緩るみが少なくなった。

この2つのナットの、緩む力と締める力を、ナットのピッチを変えることで相互干渉作用を引き出せた。


■竹増さんのネジを見ると、同じような原理から、ボルトと2つのナットのピッチを変えることで、【緩るまない二重ねじ】を作られていた。

このように、「ねじの緩るみを防ぐための【二重ネジ】の考え方」は、50年前から有ったのだが、私のようにボルトのピッチを変えるだけでは不充分だった。

もちろん、私が使っていた町工場の機械程度なら、それで充分だったが、中学1年の時から考えていた【摩擦の原理】から抜け出していなかった。

その後工場をやめたので、再び【強固な緩るまないネジ】を考える事も無かったし、【緩るんだネジのせいで故障する機械】からの開放感に満たされていた(笑)


■私の場合は、2つのピッチの違うボルトの作用・反作用を利用していたもので、【摩擦の原理】を応用したものに過ぎなかった。

だが、竹増さんのネジは異なるネジ山に2つ目のナットをねじ込む事で、直線軸から回転軸へと、力の作用の方向性が変わるという力学を応用したものだ。

・・50年前に出来ていれば良かったのに(笑)

(詳しくは、上記のPDFで)


■簡単に書いているつもりだが、難しく思える人も居られると思うが・・。

結局、何が言いたいのかと言うと、【似たような発想(インスピレーション)は、いろんな人に降りている】と言うこと。

その受けた発想を、どのように活かすかで、天と地の差が付く。


■私の場合は、【ネジが緩るむ恐怖(笑)】で応急処置をした程度で終わり、トラウマになって(笑)、再び考える事は無かった。

必要性を感じなかった事もある。だから、その違いは大きい。

論文を見ながら(シマッタ!)とは思うが(笑)、嫉妬心は無いし、日本の科学技術が誇らしい。




今回のSTAP細胞騒動には、そうした新発明、新発見に対する【嫉妬】が渦巻いている。

殆どのマスコミの質問は、そうした嫉妬念の塊だった。

【本質論から外れた言葉の毒矢】を放っていた。


■最初は、TVに出る教授達は批判的論調だったが、小保方さんの会見以来、【どちらに(STAP細胞の有無)行っても良い】ような、慎重な発言に変わっている。

STAP細胞が有った時の自己防衛の為だろうか?

本当に卑怯だと思う。

やがて彼等は大恥を掻くことになるだろう。


◆小保方氏を「ガリレオ」になぞらえて擁護する声 「それでもSTAP細胞はある」(The Liberty Web より)


マスコミは、すぐに開き直ってしまうだろう。

何等の理念も信念も無く、持ち上げたり、蹴落としたり、しても平気のようだ。




■以下は、私が思い出せたもの。(まだまだ、こんなものでは無いが、マスコミの倫理観不足と、先読み不足がもたらした結果は、大きい)


【マスコミが持ち上げたり、はやし立てたもの】

①赤軍派の浅間山荘事件 → 全学連の北朝鮮への亡命者続出。

②ロッキード事件 → 田中角栄総理の失墜。中国が覇権主義へ。

③バブル叩き → 20年デフレ不況に突入。

④オウム(真理)教 → 反社会勢力となり、サリン事件を起こした。

⑤ライブドアの堀江貴文氏 → フジテレビ買収工作。違法性が発覚、収監。

⑥みんなの党 → いまや、風前の灯。

⑦民主党 → 日本を大きく後退させてしまった。

⑧減税日本 → 地域政党なのに?

⑨大阪維新の会 → 同じく地域政党なのに?


【マスコミが酷評したもの】(多過ぎて、殆どなので、興味も無かったので思い出せない)

①幸福の科学/フライデー事件
 → 講談社の敗訴。

②「国土防衛」を言う大臣 → 更迭。


【マスコミが無視したもの】(これも、多過ぎて・・)

①幸福実現党 → 初代代表はアメリカ共和党アジア顧問に就任。複数の政党が、5年前の幸福実現党の政策を真似ている。

②幸福実現党が訴え続けて来た、中国の脅威 → 今、現実味を帯びている。

③沖縄の実態

④先日からの台湾での学生運動

⑤そして、下記の話。




◆メルケル首相が習主席に毒入りプレゼント!? 領土問題と人権問題で批判か(The Liberty Web より:2014.04.10.)

これは大切な問題なので、文章を全引用させて戴く(無断転載御免)

ドイツ・メルケル首相が中国・習近平国家主席に贈ったプレゼントは、「毒入り」だったと、国際ニュース誌TIMEのWeb版が伝えている。

メルケルからのプレゼントとは、1735年時点での清朝の古地図。

清の最盛期をもたらした乾隆帝即位の年のものだ。


■ところがこの地図、よく見てみると、ウイグル自治区、チベット自治区、内モンゴル自治区、そして尖閣諸島と、
中国が領土問題を抱える地域は、ことごとく清の国外になっている。

現在自治区となっている地域は、当時、清朝の領土ではなく、乾隆帝が10回にもわたる侵略で版図を広げる前の清領の地図だったからだ。

もちろん尖閣諸島が中国領になったことはない。


■このプレゼントによって、メルケル首相は習主席に、領土問題や人権問題を非難してお灸をすえたのではないかとネットで話題になっている。

習主席との会談後のメルケル首相やガウク独大統領の発言をみると、それもうなずける。


■メルケル首相は会談後の共同記者会見で、「言論の自由は社会に創造性をもたらす極めて重要な要素だ」と会談中に指摘したことを明らかにした。

ガウク大統領も、自由な意思表明をすると逮捕されてしまう中国の現状に懸念を表明。

一方の習主席は、人権問題について一切言及しなかった。


■地図を贈ったメルケル首相の真意は不明だが、中国の侵略的行為、言論統制などの問題について、ドイツが厳しい見方をしていることは間違いないだろう。


■ちなみに、中国国営の新華社通信は、さすがにこの地図はまずいと思ったらしく、尖閣なども中国領となっている地図にすり替えたようだ。

中国政府はこんなところまでウソで塗り固めているのだ。

(HS政経塾 田部雄治)



【私的追加】

そして、こんな大事なことは、TVマスコミは一切報道しない。




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ

関連記事
スポンサーサイト

Trackback [0] | Comment [0] | Category [社会問題] | 2014.04.13(Sun) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 アルバム
 最新記事一覧(サムネイル画像付き)
◆【無から有へ】何も無い処から、生み出す・創りだす面白さ Apr 27, 2017
◆【礼、智、 信、義、勇、仁、徳】仏の智慧で世界を救い導け。正義を貫き、不義に妥協することなかれ。 Apr 26, 2017
◆【目は心の窓】個性さまざま、放ち放たれた言葉 Apr 25, 2017
◆【正論、必ずしも正義ならず】義憤としての冷静な怒り Apr 24, 2017
◆【知は力】失敗を反省し、繰り返さないことの大切さ Apr 23, 2017
◆【幸福の科学:緊急霊言】追い詰められた金正恩守護霊、トランプ氏に挑発メッセージ Apr 21, 2017
◆【病原菌の正体】新型インフルエンザに思う Apr 20, 2017
◆【反省と感謝】暴風雨人生から立ち直るには反省と感謝が絶対不可欠。常態化すれば上昇階段が現れるだろう。 Apr 19, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々(3) Apr 18, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々(2)。 Apr 17, 2017
◆【国民の生命を護ろう!】核・水爆・EMP・生物・化学兵器に、何等の抑止力を持たない日本国 Apr 16, 2017
◆【若き頃のバイタリティは素晴らしい】大学時と共産主義者との出逢い Apr 16, 2017
◆【北朝鮮危機】今こそ日本人の本物の信仰心の試される時 Apr 15, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々。 Apr 15, 2017
◆【雨・風・雷・台風】偶然にしては、あまりにも・・ Apr 14, 2017
◆【不思議な出来事】ネットで起きた実話、夢の中で見た真実、信じられないような話・・ Apr 14, 2017
◆【驚きと得心】本物の宗教に出逢えた喜びを、体験談として少しだけ Apr 13, 2017
◆【天国vs地獄は、信仰心vs無神論・唯物論】日本国家を救えるのは無神論者・唯物論者では無い。信仰心溢れる人達こそが日本を救い世界を導く Apr 12, 2017
◆【天国vs地獄】幸福の科学に出逢えて良かった!嘘偽りの無い本当の話 Apr 12, 2017
◆「幸福の科学」の教えには人類普遍の法則が説かれている Apr 12, 2017
◆【奇病】明るい心は光と、暗い心は闇と、波長は同通する Apr 11, 2017
◆【永遠なる魂と本物の真理】創価学会員の義叔母が亡くなった。晩年の義叔母は[幸福の科学の生命の法]を大絶賛し近所の人達に見せていた。 Apr 11, 2017
◆【人生の王道】人生の終末期に起きること Apr 11, 2017
◆【10年前の私的政治思考】選択の自由には責任が伴う(2008年:幸福実現党始動前のブログ) Apr 10, 2017
◆まずは、自らを高める Apr 10, 2017
◆【信仰心は未来を見る力】何を信じて、何と縁を持つかで未来が変わり、この世の生き方で還る場所が違う。 Apr 10, 2017
◆【未来は光か闇か】光は放射する事で闇を打ち消すが闇を放射して光を消す事は出来ない。光を取るのか?闇を取るのか? Apr 09, 2017
◆【愛のテーブル】愛は光。光の放射で闇は消えるが、闇を放射しても光は消えない。 Apr 09, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう Apr 09, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう Apr 09, 2017
◆【自殺は悪】自殺してはいけない本当の理由 Apr 09, 2017
◆無用の用 Apr 08, 2017
◆悪にも「為す悪と為さぬ悪」があります Apr 08, 2017
◆【自殺しないでください】天上界から見たら、自殺も他殺も同じです Apr 07, 2017
◆【My Life】仮面の母 Apr 07, 2017
◆【My Life】父の死 Apr 06, 2017
◆【病魔との戦い】大量の病気、絶対治らないと言われた病気まで、全部治った! Apr 05, 2017
◆【人生相談】うつ病の母との葛藤の中、自分も同じ病に Apr 04, 2017
◆【祈願(前)の奇跡】母の極度の痴呆が、瞬時に治った。 Apr 03, 2017
◆【自分記】神さまの子? Apr 03, 2017
◆【My Life】人ありてこそ我あり Apr 02, 2017
◆【祈願】への疑問。その仕組を知り得心。 Apr 02, 2017
◆【田布施システムは嘘!】血筋より志(こころざし)(過去記事移動 + 加筆) Apr 01, 2017
◆【国防はどうした!】北に核ミサイルを撃たせるな!半島情勢の今と今後は? Mar 22, 2017
◆【未熟な現代科学】知ってるつもりの現在の科学文明、そして未来。 Mar 15, 2017
◆【公教育の質を問う】学校、先生、PTAって? Mar 14, 2017
◆【真なる改革者は在野から】既存地位のある者の中から、真の改革者は生まれていない。 Mar 13, 2017
◆【日本は世界平和貢献国】東洋と西洋の文化の交わる地、日本を思う。 Mar 12, 2017
◆【苦と霊的人生観】苦を試練として受け止めよう Mar 11, 2017
◆【成長する秤(はかり)】苦しみの限界は、さらなる限界を乗越える事で、ステップアップする。 Mar 10, 2017
 全記事表示リンク
 【展開可能な】ツリーカテゴリ表示
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m