◆動画、等(クリックされればリンク先に行きます)
動画
リンク       
 軽量 ページネーション
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

◆【My Life】父の死



【HPより移転】 このブログを始める前まで、HPに書いている話を移動します



【父の死】


1965年8月

私の父は、僅か1週間の入院でこの世を去った


当時、高校2年の私は、いきなり人生の奈落の底に落とされた



町工場を営んでいた父は人格者であり、誰からも好かれていた


ただ、残された負荷が大き過ぎた


20人の女工員さん


周囲に気を遣い過ぎて、ワレを失って刃物を振るう母


中学生の弟と妹


耳の聞こえない祖母


当時の額で1千万円の負債 (今の額にして1億円以上)




工場は、伯父が私が一人前になるまではと、面倒を見てくれることになった (実質経営者は、当時高2の私)


だが、伯父は、襲い掛かるプレッシャーで、うつ病になった



そこで急遽、当時30代の従兄が名古屋の会社から呼び戻された


この従兄に会社事務・経営を任せたことが幸いした


堅実な経営方針で、側で学ぶものが多かった




その少し前に、父の従弟も大阪から帰って来て経営に参加してくれたのだが、経営者の仕事である資金調達が出来なかった




さらに、父の番頭として7年間勤めてもらった人もいたが、この人の勤務態度が問題のまま残っていた


勝手に仕事は休む、月に20日くらいしか出て来ない


アルバイトでも出来るような仕事しかしない


迎えに行くと酒を飲んでいることが常だった


創価学会信者さんでありながら、その自堕落さを見ていたので、以来、私は宗教には批判的になったものだ




私は、高校へは行ってはいたものの、終業と同時に飛んで帰っていた


父が亡くなる前に備え付けた機械が、完全に機能していなかったのだ


20台ある機械のどれかが必ず故障している状態だった




5時には女工さんが帰る

故障の症状を聞いて、翌朝まで修理して置かなければ仕事にならない


おかしなものだ

給料を払っている私が、女工さんにへつらっている


もっと言えば命令されていた


若いから仕方ないかな。。




当時の機械は、半自動で人手が必要だった


だからというわけでもないが、何を言われても耐えていた


「働いてもらっているんだ」と、常に自分を下に置くことで、心を制御していた




機械の修理は、まずは、機械そのものをバラバラにして構造を覚える事からだった


説明書は存在しない


幸い?機械物には強かったのが幸を奏した



それが、学校から帰っての私の仕事だった

早ければ夜8時頃には済むが、12時を過ぎるのは普通だった





さらには、父が亡くなった直後には 見知らぬ人達が毎日毎夜あらわれる


暴力団まがいの者を連れて来る人もいた


「金返せ!」と言われ、脅されても、私には何も解らないし、何も出来ない




ある会社の社長が言った


「命までとるわけじゃないから、ワシに金を返すことを約束しろ」


「金を返すまで何も買うな。野球ボールも買うな」


たかが16歳の子供に言う言葉ではない


ただただ黙して、嵐が過ぎ去るのを待つのが常だった




この頃の、私の家庭は、目も当てられたものではない


夜遅くまで仕事して、朝は弁当作っていたので、遅刻の常習犯と化していたが、それでもHRに遅れる程度だった


母は、気力が萎えてか?朝は起きられず、「後追い自殺をするのでは?」と、祖母の妹が神戸から来て、約2年間泊まってもらえた


(私と、祖母の妹のおばさんは仲が良く、すでに102歳で亡くなっては居るが、「大内秘話」を知る者だ)




私は、学校は休んだこともないほどの健康体の持ち主だった。


だが、遅刻によって、皆勤賞が貰えなかった


惜しいことをした(笑)





そんな私であったが・・


人の世話になり、人に誹られ、人目を気遣う日々




『人目がある』から


『TV見るな、ラジオを聞くな、外で遊ぶな、恥ずかしい!』





『とにかく静かに、人目を気にして暮らせ!』と、怒鳴る母




【日陰者】



言葉が似合う




なぜだ!

何も悪いことしていない




だが母は

借金がある


そのひとことで、何ひとつさせてくれない




俺が作った借金じゃない!


耐えながらも、耐え切れない自分がいた




昼間は、人前では常に平然として明るさを保っていた


だけども、夜中に布団に入ると無性に泣けて来た



布団の潜り包まって、大声を出して泣いていた


「親父!聞きたいことがある!」


「化けてでも出て来い!」


・・まだ16歳だったのだ





父は化けて出ることはなかったが、夢の中に頻繁に現れていた。


「お父ちゃん!帰ったの!」


穏やかに微笑んでいる父の姿が、いつも見る夢だった



そんな夢の中で思っていた

「お父ちゃん、また、どこかへ行くんじゃないかな・・」


目が醒めるか夢の中で、気が付いたらいなくなっている父を、いつも心配していた




そんな何も言わない父だったが・・。

今から思えば、かなりなメッセージを伝えてくれていたと思う(この時の不可思議な夢の話は、別項に記す)


そしてそのことが、単に夢でなく、


【夢の中で父と会っていたのだ】と、知ったのは、信仰をもってからだった




父には悪いことをした


還るに還れなかったのだろう


私の思いで、引き止めていたのだろう


だが、私のその経験が、父の霊が存在する事を証明している


後年、夢の中で見せてくれた場面が、私の知らない処で、本当にあった事だと解かった




今は、まったく父の夢を見ない。


祖父が亡くなったのが数え年で49歳


父も同じ齢だった


私も、そうかるのかなと思っていたが


生きている



ただし、私は、この歳に、長年求めていたもの[幸福の科学の仏法真理]に出逢った


私は、[幸福の科学の仏法真理]で、生まれ変わった



**********************************************************************************


私は、おとなしくて気が弱くて、父が亡くなるまでは、小学5年以来心を患っていました。


いろんなことが、不安でたまらなかったのです。


そんな私が、どん底に落ちた時には、なぜか踏ん張っていました。


「俺がやらねば」という責任感でした。


父の死は、最初のどん底でした。


だがこれも、後に来る、本物の試練の前の準備運動に過ぎませんでした。




【人は生まれてくる前に、自らの人生計画を立てて生まれて来ます】と、教えられています。


ずいぶんと欲張った人生計画をたてたものです(笑)




仏法真理に出会う前から、

もし、父が生きていたなら、今の自分はないだろうと思っていました。



大学へ行って、何か研究していたかも知れません。

公務員になっていたかも知れません。



苦しさや、つらさは、時が経てば想い出に変わっていました。


「頑張って来た」という自信になっていました。





ダイヤモンドと石炭は同じ素材ですよね。


刀と針金も同じ鉄です。



ダイヤモンドは地中の圧力と熱によって結晶になり、刀は熱せられ打たれて鍛えられます。


そういう、過酷な試練を受けてこそ、銘刀となり、ダイヤモンドとなります。




また

仏法真理であり、お釈迦様の教えに、四諦八正道があります。


四諦とは、【苦・集・滅・道】


苦とは、【生・老・病・死】の四苦です




さらに

憎い人と出会う苦しみ【怨憎会苦】


愛する人と別れる苦しみ【愛別別苦】


求めても求めても得られない苦しみ【求不得苦】


五官煩悩が燃え盛り抑えられない苦しみ【五陰盛苦】



これらを合わせて、四苦八苦と呼ばれています。




私は、仏教の教えがこんなに素晴らしいものだと知ったのは、入会した後でした。


そこには


なぜ


人は苦しみの中にあるのか。



なぜ

生まれた時から、環境の違いという不公平があるのかが、明確に説かれていました。



こと、ここに至って、やっと、人生の意味を知りました。


何ものにも変えがたい。


いや


比すべくものもない


仏法真理



生きているうちに 知ってよかった。


何年も


何十年も


求め続けていたものだから。






1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



関連記事
スポンサーサイト

Theme [心と身体] Genre [心と身体]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [Twice Borm (信仰で生まれ変わった)] | 2017.04.06(Thu) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 アルバム
 最新記事一覧(サムネイル画像付き)
◆【礼、智、 信、義、勇、仁、徳】仏の智慧で世界を救い導け。正義を貫き、不義に妥協することなかれ。 Apr 26, 2017
◆【目は心の窓】個性さまざま、放ち放たれた言葉 Apr 25, 2017
◆【正論、必ずしも正義ならず】義憤としての冷静な怒り Apr 24, 2017
◆【知は力】失敗を反省し、繰り返さないことの大切さ Apr 23, 2017
◆【幸福の科学:緊急霊言】追い詰められた金正恩守護霊、トランプ氏に挑発メッセージ Apr 21, 2017
◆【病原菌の正体】新型インフルエンザに思う Apr 20, 2017
◆【反省と感謝】暴風雨人生から立ち直るには反省と感謝が絶対不可欠。常態化すれば上昇階段が現れるだろう。 Apr 19, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々(3) Apr 18, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々(2)。 Apr 17, 2017
◆【国民の生命を護ろう!】核・水爆・EMP・生物・化学兵器に、何等の抑止力を持たない日本国 Apr 16, 2017
◆【若き頃のバイタリティは素晴らしい】大学時と共産主義者との出逢い Apr 16, 2017
◆【北朝鮮危機】今こそ日本人の本物の信仰心の試される時 Apr 15, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々。 Apr 15, 2017
◆【雨・風・雷・台風】偶然にしては、あまりにも・・ Apr 14, 2017
◆【不思議な出来事】ネットで起きた実話、夢の中で見た真実、信じられないような話・・ Apr 14, 2017
◆【驚きと得心】本物の宗教に出逢えた喜びを、体験談として少しだけ Apr 13, 2017
◆【天国vs地獄は、信仰心vs無神論・唯物論】日本国家を救えるのは無神論者・唯物論者では無い。信仰心溢れる人達こそが日本を救い世界を導く Apr 12, 2017
◆【天国vs地獄】幸福の科学に出逢えて良かった!嘘偽りの無い本当の話 Apr 12, 2017
◆「幸福の科学」の教えには人類普遍の法則が説かれている Apr 12, 2017
◆【奇病】明るい心は光と、暗い心は闇と、波長は同通する Apr 11, 2017
◆【永遠なる魂と本物の真理】創価学会員の義叔母が亡くなった。晩年の義叔母は[幸福の科学の生命の法]を大絶賛し近所の人達に見せていた。 Apr 11, 2017
◆【人生の王道】人生の終末期に起きること Apr 11, 2017
◆【10年前の私的政治思考】選択の自由には責任が伴う(2008年:幸福実現党始動前のブログ) Apr 10, 2017
◆まずは、自らを高める Apr 10, 2017
◆【信仰心は未来を見る力】何を信じて、何と縁を持つかで未来が変わり、この世の生き方で還る場所が違う。 Apr 10, 2017
◆【未来は光か闇か】光は放射する事で闇を打ち消すが闇を放射して光を消す事は出来ない。光を取るのか?闇を取るのか? Apr 09, 2017
◆【愛のテーブル】愛は光。光の放射で闇は消えるが、闇を放射しても光は消えない。 Apr 09, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう Apr 09, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう Apr 09, 2017
◆【自殺は悪】自殺してはいけない本当の理由 Apr 09, 2017
◆無用の用 Apr 08, 2017
◆悪にも「為す悪と為さぬ悪」があります Apr 08, 2017
◆【自殺しないでください】天上界から見たら、自殺も他殺も同じです Apr 07, 2017
◆【My Life】仮面の母 Apr 07, 2017
◆【My Life】父の死 Apr 06, 2017
◆【病魔との戦い】大量の病気、絶対治らないと言われた病気まで、全部治った! Apr 05, 2017
◆【人生相談】うつ病の母との葛藤の中、自分も同じ病に Apr 04, 2017
◆【祈願(前)の奇跡】母の極度の痴呆が、瞬時に治った。 Apr 03, 2017
◆【自分記】神さまの子? Apr 03, 2017
◆【My Life】人ありてこそ我あり Apr 02, 2017
◆【祈願】への疑問。その仕組を知り得心。 Apr 02, 2017
◆【田布施システムは嘘!】血筋より志(こころざし)(過去記事移動 + 加筆) Apr 01, 2017
◆【国防はどうした!】北に核ミサイルを撃たせるな!半島情勢の今と今後は? Mar 22, 2017
◆【未熟な現代科学】知ってるつもりの現在の科学文明、そして未来。 Mar 15, 2017
◆【公教育の質を問う】学校、先生、PTAって? Mar 14, 2017
◆【真なる改革者は在野から】既存地位のある者の中から、真の改革者は生まれていない。 Mar 13, 2017
◆【日本は世界平和貢献国】東洋と西洋の文化の交わる地、日本を思う。 Mar 12, 2017
◆【苦と霊的人生観】苦を試練として受け止めよう Mar 11, 2017
◆【成長する秤(はかり)】苦しみの限界は、さらなる限界を乗越える事で、ステップアップする。 Mar 10, 2017
◆核ミサイルの脅威から逃れるには、先制攻撃態勢も必要だろう Mar 09, 2017
 全記事表示リンク
 【展開可能な】ツリーカテゴリ表示
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m