◆動画、等(クリックされればリンク先に行きます)
動画
リンク       
 軽量 ページネーション
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

◆【世界平和のために】覇権国家に覇権をさせない事。


【集団的自衛権について】

2014年5月15日18時。[集団的自衛権]に関しての、安倍総理の記者会見がありました。

まずは、総理自らが、国民の先頭に立たれた立場からの発言に、敬意を表します。

殆どTVを見なかった私なので、ちょっとした[玉音放送]の如くでもありましたが(汗)、国民の皆様が【日本の置かれている現状】を知る機会になったと思います。


マスコミの質問は、相変わらずの【疑いありき】でしたが、真摯に答えられて居られました。

[公明党]の反対もありますが国民の生命に関わる問題ですので、充実した内容になるように、心からお願い申し上げます。


■それにしても、与党側に居る[公明党]は、【現状のままで良い】とは思われないで下さいよ。

母体の[創価学会]の婦人部が反対しているとの報道が為されていますが、[公明党]は、一体、どこを向いていらっしゃるのでしょうかね。

国際情勢が大きく変わった今、日本やアジアに脅威が及んでいる今、【国策】を誤っては、取り返しの付かない事にも成りかねません。

[集団的自衛権]は、安倍総理も言われていたように、【戦争しない為の抑止力】でもあります。

戦後の日本は、【憲法9条】が護ってくれたのではありません。

【日米安保】があったがゆえに、日本は安全だったのですよ。

それは当然お解かりになっていると思います。

ですから、今後の[集団的自衛権]のあり方の舵取りを、お間違えの無いよう、お願いします。




【岩国市の愛宕山開発が着手】

■昨日から、安倍総理のお膝元の山口県では、【愛宕山開発着手】が為されています。

他県の人には、【愛宕山開発】って何の事か?と思われるかと思いますが、【米軍基地と米軍住宅】です。

◆愛宕山地域開発事業について



■計画から今まで何年になるのか忘れる程、長期間に渡って、賛成派と反対派の対立がありました。

計画は、岩国基地沖合移設事業への土砂提供と、その跡地を住宅団地として開発する目的でした。

その跡地に、米軍住宅を造るとなり、賛成・反対に分かれました。

反対派の市長や民主党政権時に、頓挫していました。


福田良彦岩国市長と安倍政権になり、再び【愛宕山開発】が為される事になり、やっと昨日から着手されました。

どこの放送局か見忘れましたが、一部の住人(と言っても、10人前後)が、敷地内に入って旗を掲げ、猛抗議している場面を映し出していました。

私の勘違いかも知れませんが、TVでのその光景は、まるで【正当な抗議が為されている】ように、視聴者に思わせるような印象でしたね。


■彼等は、【国有地だから、入って良いじゃないか!】と、叫んで居ましたが、それは違います。

国有地と言えども、みだりに入ってはいけません。

それも旗振り抗議行動となれば、なおさらです。

実際、無人島の[尖閣諸島]に上陸して、ゴミ等を清掃した[幸福実現党のトクマ氏]は、タイホされています。

その前に上陸した中国人達は、専用機で、ご丁寧にお帰り頂いています。

・・何か変(笑)


■それはともかく、【またか】と思ったのが、僅か10人前後の旗振り反対者達を、まるで市民・県民の総意であるかのように、映し出していた事です。

米軍岩国基地にオスプレイが来る時も、そうでした。

この時、反対運動をしていたのは、山口県外の組合系の人達でしたが、その県外の人達の反対運動を、山口県民の総意の如く報道していました。

ですから山口県人が大勢集まって、大規模賛成デモをしましたが、一部のTVで短く報道されただけで、この善良なデモは無視されました。


以前と違って、中国の脅威が本格的になりつつある今、岩国市民・山口県民は、賛成派が殆どです。

私の岩国の知人達に聞いても、反対派は一人も居りません。

みんな中国の脅威を知っています。

だからこそ、賛成派の福田良彦氏が岩国市長に成られたのでしょう。




【日、米、露、中、の関係は?】

■アメリカのオバマ大統領が、核削減で[ノーベル平和賞]をもらった為、【平和】の言葉に縛られたかのように、【何もしない平和国】になりつつあります。

まるで、【憲法9条】に縛られ動けなかった、かつての日本のようです。

このまま【何もしないアメリカ】、【何もしない日本】ならば、その後の世界は、新たな覇権主義国家に寄って、間違いなく破滅に向かいます。

だからこそ、【強いアメリカと日本】の関係が求められます。


■今のままでは、日本は本当に孤立してしまいかねません。

今、国家の舵取りを間違えれば、日本の友好国と思っていた大国(米国、ロシア)さえもが、日本を見捨てかねません。

もしも、【米・中・露】の3国が、経済面から手を結べば、日本はひとたまりもありません。

だからこその[集団的自衛権]ですので、絶対に必要不可欠なものです。




【日本は、ベトナムを見習え】

■1970年代の[ベトナム戦争]は、実際はベトナムの地で行われた、資本主義の米国・韓国と、共産主義の中国の争いでした。

今また、ベトナムと中国が一触即発状態になりつつありますが、力の差は歴然としています。

だけども、もうアメリカは介入しません。

それでもベトナムは戦うでしょうね。

その次は、アセアン各国と日本かも知れませんよ。

今や覇権主義国家になった中国を戦争させない為には、中国が戦争したくても出来ないようにするべきです。

それが、今からの日本が取るべき【平和への道】でもあります。




【ロシアは、日本にとっては大切な国】

■また、中国が狙っているアセアン各国とも連携しながら、絶対に【ロシア】を敵にしない事です。

今のロシアは、ソ連時代とは違って、プーチン大統領を始め、非常に親日的です。

ロシアだけでは無く、親日的な国は多いです。

残念ながら、同じアジア系の顔立ちをしているので、日本・中国・韓国の違いが解からないようですが、【日本人】には好感を持つ国は多いです。

ベトナムもそうですし、インド、ネパール、タイ等の仏教国は、親日的です。

むしろ、反日国を探した方が早いくらいです。

そうした親日国は、日本の真なる復活を願っています。

彼等は、【日本人】と云うものを、日本人より、よく知っています。


ロシアポーランドもそうです。

ですから、【ロシア】とも、実際には戦争終結協定が為されていませんので、私の願いとしては、以下のようなものがあります。

・各種条約・協定。(例:日露平和条約、日露経済連携協定(EPA)等)

・北方四島の返還。

・プーチン大統領の靖国参拝。

・日本兵シベリア抑留への謝意。

これは、すでに、1993年にエリツィン大統領が「非人間的な行為に対して謝罪の意を表する」と表明しています。

これに関して、当時の安倍総理が国会答弁で、以下のように述べています。

-------------------------------------------------------------

※いわゆるシベリア抑留に関し、エリツィン・ロシア連邦初代大統領は、平成5年10月の我が国への公式訪問の際、ロシア政府及びロシア国民を代表してこの非人間的な行為について謝罪の意を表明した。

エリツィン・ロシア連邦初代大統領のこのような率直な発言は、日露両国民の精神的和解の基礎を築くものとして高く評価されるものと認識している。

-------------------------------------------------------------

日本は、「謝れ、謝れ」の国では無いですが、おそらく日本人の多くは、この事を知らないと思います。

だから、プーチン大統領が正式に謝意を示して頂けたら、ありがたいですね。


これ等に寄って、【国家と国家はどうあるべきか】の見本となると思います。

[竹島問題]も[尖閣諸島]も、立ち位置が変わって来ます。

ロシアにとっても、【ロシアは覇権国家では無い】ことの証明にもなります。

日露の関係が強くなれば、中国はうかつに海洋進出が出来なくなりますし、ウイグル自治区を通る【ガスと欧州鉄道】を堅守しなければならなくなります。

もしも、この逆をしたら、日本は大変なことになってしまいます。

それだけ今のロシアは、日本にとっては【護り神】のような存在です。




■また、【アメリカ】も、

・日米安保条約の堅持。

・広島・長崎への原爆投下、並びに東京大空襲への謝意。

を為して頂いて、【中国に戦争させない国】に成ってもらいたいものです。


■また、アセアン諸国やインド・ネパール・タイ等の国には、すでに【経済的協力関係】にありますので、各国の首相には【靖国参拝】を、お願いしたいものです。

戦争犯罪者がどうのこうのよりも、アジア解放の為に戦った英霊をたたえて頂く事で、【日本は侵略国家では無い】との証明にもなります。

それはまた、今後の日本も【侵略国家では無い】ことを意味します。


■とにかく世界は、とくに中国の脅威下にある国々は、【そうした国に、戦争させない】為の、【平和を求める心】の武器が必要です。


アジア諸国が、中国の属領や自治区になる前に、本当の【平和と自由】を示す時に来ています。




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ

関連記事
スポンサーサイト

Trackback [0] | Comment [0] | Category [政治・経済] | 2014.05.15(Thu) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 アルバム
 最新記事一覧(サムネイル画像付き)
◆【さまざまな人生模様】素晴らしい二人の体育教師 Apr 28, 2017
◆【無から有へ】何も無い処から、生み出す・創りだす面白さ Apr 27, 2017
◆【礼、智、 信、義、勇、仁、徳】仏の智慧で世界を救い導け。正義を貫き、不義に妥協することなかれ。 Apr 26, 2017
◆【目は心の窓】個性さまざま、放ち放たれた言葉 Apr 25, 2017
◆【正論、必ずしも正義ならず】義憤としての冷静な怒り Apr 24, 2017
◆【知は力】失敗を反省し、繰り返さないことの大切さ Apr 23, 2017
◆【幸福の科学:緊急霊言】追い詰められた金正恩守護霊、トランプ氏に挑発メッセージ Apr 21, 2017
◆【病原菌の正体】新型インフルエンザに思う Apr 20, 2017
◆【反省と感謝】暴風雨人生から立ち直るには反省と感謝が絶対不可欠。常態化すれば上昇階段が現れるだろう。 Apr 19, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々(3) Apr 18, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々(2)。 Apr 17, 2017
◆【国民の生命を護ろう!】核・水爆・EMP・生物・化学兵器に、何等の抑止力を持たない日本国 Apr 16, 2017
◆【若き頃のバイタリティは素晴らしい】大学時と共産主義者との出逢い Apr 16, 2017
◆【北朝鮮危機】今こそ日本人の本物の信仰心の試される時 Apr 15, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々。 Apr 15, 2017
◆【雨・風・雷・台風】偶然にしては、あまりにも・・ Apr 14, 2017
◆【不思議な出来事】ネットで起きた実話、夢の中で見た真実、信じられないような話・・ Apr 14, 2017
◆【驚きと得心】本物の宗教に出逢えた喜びを、体験談として少しだけ Apr 13, 2017
◆【天国vs地獄は、信仰心vs無神論・唯物論】日本国家を救えるのは無神論者・唯物論者では無い。信仰心溢れる人達こそが日本を救い世界を導く Apr 12, 2017
◆【天国vs地獄】幸福の科学に出逢えて良かった!嘘偽りの無い本当の話 Apr 12, 2017
◆「幸福の科学」の教えには人類普遍の法則が説かれている Apr 12, 2017
◆【奇病】明るい心は光と、暗い心は闇と、波長は同通する Apr 11, 2017
◆【永遠なる魂と本物の真理】創価学会員の義叔母が亡くなった。晩年の義叔母は[幸福の科学の生命の法]を大絶賛し近所の人達に見せていた。 Apr 11, 2017
◆【人生の王道】人生の終末期に起きること Apr 11, 2017
◆【10年前の私的政治思考】選択の自由には責任が伴う(2008年:幸福実現党始動前のブログ) Apr 10, 2017
◆まずは、自らを高める Apr 10, 2017
◆【信仰心は未来を見る力】何を信じて、何と縁を持つかで未来が変わり、この世の生き方で還る場所が違う。 Apr 10, 2017
◆【未来は光か闇か】光は放射する事で闇を打ち消すが闇を放射して光を消す事は出来ない。光を取るのか?闇を取るのか? Apr 09, 2017
◆【愛のテーブル】愛は光。光の放射で闇は消えるが、闇を放射しても光は消えない。 Apr 09, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう Apr 09, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう Apr 09, 2017
◆【自殺は悪】自殺してはいけない本当の理由 Apr 09, 2017
◆無用の用 Apr 08, 2017
◆悪にも「為す悪と為さぬ悪」があります Apr 08, 2017
◆【自殺しないでください】天上界から見たら、自殺も他殺も同じです Apr 07, 2017
◆【My Life】仮面の母 Apr 07, 2017
◆【My Life】父の死 Apr 06, 2017
◆【病魔との戦い】大量の病気、絶対治らないと言われた病気まで、全部治った! Apr 05, 2017
◆【人生相談】うつ病の母との葛藤の中、自分も同じ病に Apr 04, 2017
◆【祈願(前)の奇跡】母の極度の痴呆が、瞬時に治った。 Apr 03, 2017
◆【自分記】神さまの子? Apr 03, 2017
◆【My Life】人ありてこそ我あり Apr 02, 2017
◆【祈願】への疑問。その仕組を知り得心。 Apr 02, 2017
◆【田布施システムは嘘!】血筋より志(こころざし)(過去記事移動 + 加筆) Apr 01, 2017
◆【国防はどうした!】北に核ミサイルを撃たせるな!半島情勢の今と今後は? Mar 22, 2017
◆【未熟な現代科学】知ってるつもりの現在の科学文明、そして未来。 Mar 15, 2017
◆【公教育の質を問う】学校、先生、PTAって? Mar 14, 2017
◆【真なる改革者は在野から】既存地位のある者の中から、真の改革者は生まれていない。 Mar 13, 2017
◆【日本は世界平和貢献国】東洋と西洋の文化の交わる地、日本を思う。 Mar 12, 2017
◆【苦と霊的人生観】苦を試練として受け止めよう Mar 11, 2017
 全記事表示リンク
 【展開可能な】ツリーカテゴリ表示
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m