◆動画、等(クリックされればリンク先に行きます)
動画
リンク       
 軽量 ページネーション
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

◆【TVタックル】若者、とくに女性の結婚観には間違ったものがある。


連日、TVに付いて書いてしまうが、昨日の[TVタックル]を見て、愕然とした。

その前日の[たかじんの何でも言って委員会]と、この[TVタックル]は、数年前までは録画したものを残して置いた。(最近は、見たら消している)

昨晩の放送を今朝見たが、私的な感想を書く。




【若者の結婚願望の低下】

最初に下記の数字が出ていた。


■新成人で交際相手がいない人(男女交際率)

男性82%、女性68%


■結婚に対する考え方。

*ある程度の年齢には結婚するつもり。

男性56.9%、女性58.4%


*理想の結婚相手が見付かるまでは、結婚しなくても構わない。

男性42.4%、女性40.5%




【出演者】

■まず、登場した女性達が、特別に選ばれた人達なのかどうかは解からないが、一般的な人達とする。

いつもの3人ビートたけし氏、阿川佐和子氏、大竹まこと氏に、

猪子寿之氏(IT起業家)

ミッツ・マングローブ氏(女装家タレント)

白河桃子氏(結婚事情に詳しいジャーナリスト)

松尾知枝氏(合コン・結婚アナリスト:国際線キャビンアテンダント時代に、500社、延べ3000人の男性と合コン)

と、20代の女性10人だった。


-------------------------------------------------------------

【3高から、4低へ】

◆理想の男性像が、3高(高学歴、高収入、高身長)から、4低(低姿勢、低リスク、低依存、低燃費)へ。

低姿勢 ⇒女性の方が、ちょっと目線が上の方がいい。(23歳、接客業) ⇒女性に威張らない低姿勢。

低リスク ⇒リスクを背負うより、低リスクな男性がいい(25歳、専門職) ⇒リストラ・解雇の心配が無い低リスク。

低依存 ⇒結婚して、専業主婦にはなりたくない。働きたいから相手の人にも何かやって欲しい。(24歳、会社員) ⇒相手に頼らない低依存。

低燃費 ⇒夫の小遣いは、1~2万円。飲み会は断って欲しい(24歳、会社員) ⇒無駄遣いをしない低燃費。


-------------------------------------------------------------

【街頭質問】

【結婚相手に求めるものは?】 ⇒ 【安定】

サラリーマン、雇われている人、起業家は嫌(先がどうなるか分からない)。(32歳、看護士)

経済力がある人で家庭的な人、自営業は嫌(不安定だから)、安定している公務員がいい。(31歳、販売員)


【結婚せずに、1人の方がいい理由】

[女性]
女子会して、美味しいものを食べる方が楽しい。

美容に、お金を掛けたい。【自分の為に、お金を使いたいから】

1人の方が充実している。


[男性]
1人の方が楽しい、独身貴族。

今は、仕事に集中したいから。

付き合おうとは、特に思わない。こちらから行けないので、声を掛けてくれると嬉しい。




【10人のスタジオ女性に質問】

【結婚相手に求める年収は?】

後列 ⇒500万、300万、550万、300万、600万

前列 ⇒500万、800万、600~2000万、600万、700万

■書いてはいけないとは思うが、最初にパッと見た時点で、前列の女性は[派手好きで自己顕示欲があり]、後列の女性は[控えめで謙虚]だと思った。


【300万の人に質問】

最低限の生活が出来ればいい。お金では無く、精神的な安定を求め、支え・支えられるような関係。

月25万くらいあれば、暮らして行けると思う。将来増えるかも知れないし。

白河氏 ⇒『日本人男性は、600万以上は5.7%、400万以上でも25%ですよ』


【婚活パーティについて】

1人、1分半の回転寿司のよう。

一度に沢山の人と出逢えるので、合コンよりも「効率」がいい。50回以上は参加した。お友達からという感じで、気軽。(29歳、会社員)




【各氏のコメント】

◆猪子氏 ⇒安定を求めている女性の家庭は出世しない。ハイリスク・ハイリターンの方が出世・活躍される。(女性達を向いて)さげまんですね

◆松尾氏 ⇒今の女性は、何でも揃っているような、モデルルームのような男性を求めている』

『結婚は、何も無い、ガラーンとした部屋から、1つずつ家具を揃えたりして行くようなもの』

◆大竹氏 ⇒『人生を共に落ちて行ける女が魅力的』

◆松尾氏 ⇒減点方式にすると、相手を選ぶのは難しい
相手の良いところを見付ける、『好きになるハードルを凄く高くしている』

◆たけし氏 ⇒【好きになる子は、一瞬で解かる】 ⇐⇐これは、私も同じ。

◆ミッツ氏 ⇒『恋愛は、失望と我慢の連続』

◆松尾氏 ⇒『離婚率が3組に1組になっているような、離婚時代になって居るので、【まず1回、結婚して見たらいい】』

『どんなに理想的な結婚生活を描いて見ても、【結婚してみない事には解かりません】。だから、まずは、【気軽に結婚してみる】こと

『結婚してダメだったら、リセットしてみたいと思われないのか』

◆ある女性 ⇒【思ってます】

◆阿川氏 ⇒『女性に決定権が、集まり過ぎて居るのでは?』、『女性の7割、男性の6割が待ち受け派』

◆ある女性 ⇒【肉食男子が居なくなっている】

◆白河氏 ⇒『日本の恋愛の代替物が、多過ぎる』

◆松尾氏 ⇒『女性から飛び込むことも必要』

◆大竹氏 ⇒『能動的な女性は苦手』 ⇐⇐これも私も同じだが、昔の人間らしい(笑)

◆白河氏 ⇒『最初の一声は、女性が掛けるくらいで丁度いい』

◆猪子氏 ⇒『条件のある女性は、テンションが下がる』、『結婚制度は廃止したらいい』

◆白河氏 ⇒【日本が滅ぶ事と、個人の幸せは別問題。個人の幸せとは関係ない】 ⇐⇐この言葉に驚いて、このブログを書く事にした。

◆猪子氏 ⇒『国は、結婚の為のサポートは止めて、子供達のサポートを優先すべき』、『結婚という概念が無くなった方が、恋愛する』

◆白河氏 ⇒『女性は、【子育てマシーンでは無い】。男性も子育てするような保育園とか無いと困る


-------------------------------------------------------------

【唯物論が出て来始めた】

■いろいろ会話が為されていたが、【これも世の中の流れか・・】と諦めの境地で見ていた。

だが、終盤になっての、松尾氏、猪子氏、白河氏の発言は見過ごせなかった。

間違っている。

3人共、唯物論者独特の人間を動物と同じにする言葉だ。それこそ人間機械論と変わらない恐怖の考え方だ。


■ちょっと付け加えると、マトリックスで見ると

【男性の魂はタテに伸びる進歩型】で、【女性の魂はヨコに伸びる調和型】で、それぞれに発展・発達を目指している。


それが近年になって、【女性が進歩のベクトル】を歩み始めたので、必然的に自然の摂理で【調和的な男性】が増えて来る。

それを、女性が、勝手に【草食系男子】だのと呼ばない事だ。

そうなっているのは、あなた達女性が原因なのだ。


■そうした事を知った上で、男性的に働かれるのなら良いが、都合の良い時だけ【男性】で、化粧・美容となると【女性】になるのは、どうだろう。


-------------------------------------------------------------

【とりあえず結婚の怖さと、霊界の真実】

■まず、松尾知枝氏のとりあえず結婚のオススメ】は、【守護霊】の存在も、天上界の意志も無い、【無明】の考え方だ。

結婚する事が目的化している。


人間は、天上界から産まれて来る前に、殆どは【結婚の約束をして産まれている】。

まれに、自分自身の意志で【あの親の元で修行しよう】とする魂も居るようだが、例外だ。

そして、3ヶ月前後に肉体に宿る。この時起きる現象が[つわり]だ。

だから、これ以降、堕胎したら【人殺し】だ。

もちろん人間界では裁かれ無いが、この世を去った後に、その堕胎した子供の姿を見る事になる。

その時の衝撃と、その後に行く先を考えたら、どんなに堕胎が怖い事かを、知って置かないと大変な事になる。


■この松尾知枝氏の【とりあえず結婚のオススメ】は、個々を見守りながらインスピレーションを降ろしている各人の守護霊の意志と違う事になりかねない。

現代人の多くは、頭にヘルメットを被り、目にはサングラス、耳にはヘッドホンを当てているので、守護霊からのインスピレーションが届かない。

それこそ、【無明】の闇の中を彷徨っている。


本来ならば、各人の守護霊が、天上界で約束した人と逢わせるように仕向けているが、今の人達には本当に解からないようだ。

自力で探そうとして彷徨っている。

そして、約束もしていない人と結婚し、子供を産む。

その子供は、男女どちらかの【縁ある霊人】が、子供として産まれる。

両親と、親子の約束をしていた魂(霊人)では無い。

だから何人も産むと、父親系統と母親系統の違いが明確に解かるようになる。

やがて、あの世に還った時、【お互いに相手を間違えてたね】となる。

そうした事実がある事を承知で、【とりあえず結婚】するなら、仕方ない。

どこまでも自己責任だ。


--------------------------------------------------------------

【結婚制度の廃止論は、人間から動物の世界へと向かうもの】

■猪子寿之氏の【結婚制度の廃止論】は、それはサル山と同じ事になる事を意味する。人間世界を動物の世界にするって事だ。

これまた唯物論者独特の考えであり、一夫多妻または一妻多夫になる可能性を秘めたものであり、天上界の意に背くものだ。

もちろん今なおそうした国もあるが、殆どの国や人々の間では、一夫一妻制だ。

そして、それが何故有るのかが解かっていない。


浮気もそうだが、【天上界で約束した相手の心に、ダメージを与えてしまうからだ】

地上では、浮気や遊びかも知れないが、【天上界から見たら、裏切り行為だ】

まず、天国にストレートに還る事が出来ないと思っていた方が、いい。

そうした身に覚えのある人は、今直ぐ、生きている間に、【しっかりと本物の反省行】をされて置かれる事を、是非ともお勧めする。


-------------------------------------------------------------

【国家と個人は一体なもの】

■そして、白河桃子氏の【日本が滅ぶ事と、個人の幸せは別問題。個人の幸せとは関係ないは、地獄的な発想だと知って頂きたい。

ワガママ個人主義が行き過ぎると、ここまで為ってしまうのか。と、驚く。

【利自即利他】という仏教用語は、単なる飾りものでは無い。


白河氏の言われている事は、【利自即利自】であり、【利他即利自】だ。

簡単に言うと、【人のものは俺のもの、俺のものも俺のもの】と同じだ。

自分のことしか考えていない言葉となっている。

地獄界に堕ちている元人間達が、そうした考え方をしているので、非常に危険な言葉であり、考え方だ。

これまた、今直ぐに、【本物の反省行】をされた方が良いと思う。




【私の結婚観と結婚】

■他人のことを、とやかく書いたのだから、20代後半から私が【結婚】に付いて考えていた事を、隠し事なしに語る。(・・少々、恥ずかしいが)

私の父は、私が高2の時亡くなり、今年が50回忌になる程だ。

若くして亡くなった父親は、その年の1月には、『お母ちゃんを、病院に入れて良いかな』と、珍しくコボしていた。

それほど、母親の言動が荒く・厳しく・激しかったからだ。

そして半年後に、心労と疲労が原因で亡くなった。


■残された家族を守って来た私だが、仕事はともかく、【結婚】となると、かなり難しい環境下だった。

父親の残した債務は結婚前の30歳までは返していたが、①【狂気の母親】、②【まったく耳の聞こえない祖母】、③【自分勝手な弟】、そして【妹】が居る。


さらには④【私自身が、睡眠も取らずに働き過ぎて、いろんな病気を抱えていた】

20歳の時72kgの筋肉質の体が、食事が摂れない為に、僅かの期間で48kgのガリガリに痩せてしまっていた。

そんな状況下でも、10件程度の見合い話が来たが、↑上の◆たけし氏 ⇒【好きになる子は、一瞬で解かる】と同じく、ひと目で、挨拶する前に解っていた。

『この人も違う』と。

だから、全部流したが、一人だけ『押し掛けてでも行く』という人が居た。

私は、そういう女性は苦手中の苦手だ(笑)

本当に、押し掛けて来られたが、丁寧に謝って帰ってもらった。


当時の私は、↑上の①~④のマイナス条件が有ってもクリアして来てくれる女性を、「この条件下で、嫁に来てくれる女性は」と、イメージしていた。

心に描いていた。

そして、約5年間、その女性を探していた。

それが、今の妻だが、出逢った場所は、伯父の葬式だった。

伯父は母の兄であり、その女性は伯父の妻である伯母の姪だった。

だから、血の繋がらない義理のいとこになる。

私は、まったく覚えていないのだが、妻になったその人は、私の事を「大きなお兄ちゃん」と知っていたようだ。


■その後の私は、まあ、はっきり言えば、言いたくないが、[ストーカー]と化した(笑)

・・と言っても、仕事で通う道を1本奥に変えて、彼女の家に寄っていただけだ。

でも無いか(笑)

彼女の妹達を見ると、車で送ったり、まあ、いろんな事をしたものだ(汗)

妻は、『外堀から埋められた』と言っている(笑)


■博多の恐竜展を彼女姉妹3人と行く予定にしていた時、嫁に行った妹から『今から家に行く』と電話が掛かり、「今日はダメだ」と言うと・・。

『私も行くから、新幹線1本遅らせて!』と来た(笑)

そして、彼女達姉妹に「妹が、どうしても行くと言うから」と、新幹線を1本遅らせて合流したことがある。

そして、本当に、幼い子供二人を連れて新幹線に乗って来た。ムチャクチャだ(笑)

私に何等の作為は無いのに、まるで、【姉妹同士の顔見世】のようになってしまった(汗)


■そうしたお陰で?、私と妻は、両家の公認の仲になり、やがて結婚した。

嫁に来た妻は、私が心の中で描いていた通りで、私と妻は結婚以来、一度も喧嘩も口喧嘩もした事も無い。

もちろん、私の出来が良いからだが (゚-゚;)ヾ(-_-;) オイオイ、キミキミ...

・・は、違いますデス。はい(笑)


■母親が険悪に為った時は、私が悪玉に変身(笑)していた。

嫁姑で共同戦線を張って、ワザと私の悪口を言うように、仕向けていた。

そうすれば、世間で言われるような嫁姑の確執は無くなると思っていたし、実際、その通りになっていた。

母の嫌われ役は、私一人で充分だ。

私の目論見通りに、近所も羨む嫁姑の仲だった。

私の策略でもあったが、それに見事に答えてくれた妻の存在は、計り知れないものがある。


-------------------------------------------------------------

【個々の守護霊が、結婚へと導くのだが・・】

■私が心の中で描いていた[私の妻となる理想像の人]は、すぐには現れなかったが、見た瞬間に【この人だ!】と確信に至った。

それは、おそらく、私と妻が出逢うまで、私の守護霊と、妻の守護霊が、他人と関わらせずに時期を待って居たのだと思う。

個々の人間には、そうした守護霊が必ず付いて、見守っている。


だが、鍋釜を被るように頭にヘルメットを被り、目にサングラス、耳にヘッドホンでは、いくら守護霊が頑張っても、届かない。

人事のように思えるかも知れないが神々を信じていない人の殆どが、そうだ。

だから、神々に背を向け、天上界に矢を射るような真似を平気でしている。

数回前に書いていた、今、女性の8割が天国には還っていないという話が、真実味を帯びる。

いや、本当は、ずっと前からそう思って、感じて居ても、言うに言えなかった。


■なぜに、そうした事になっているのかと言うと、【今は女性の魂が飛躍する時だから】だ。

かつての歴史は、殆どが男性の歴史であり、その獲得した智慧で、天上界の上位の多くは男性霊だ。

今、かつて無い規模の【光の大指導霊】が日本に降りられ、世界を見詰められて居られる。


【光の大指導霊】は、かつて光の当たらなかった女性霊に多くの経験を与え、智慧に変えて、天上界での女性霊の魂向上をも願って居られる。

またそれは、天国に還られない女性霊を減らすことにもなる。

女性は女性としての魂に目覚めなければ、本来還るべき所へも還れない。

どこに行くかは、怖くて書けないし、脅しているわけでも無い。

脅すくらいなら、こんな話は書かない。

本当のことだ。




1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
関連記事
スポンサーサイト

Theme [心と身体] Genre [心と身体]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [信仰と我が人生] | 2014.05.28(Wed) PageTop

Comment

Private

 


 アルバム
 最新記事一覧(サムネイル画像付き)
◆【白龍?】空の雲を見ていると、いろんな形に変わるのが面白くて好きだ。だが、天候との関係は如何に? Aug 07, 2017
迷走台風15号は、日本国民への神々からの警告か? Aug 06, 2017
大川隆法総裁 講演「人類の選択」 Aug 03, 2017
◆【いじめを無くそう】人は感性(勝負)→知性(損得)→理性(善悪)→悟性(神仏への愛)と成長する Jul 29, 2017
音楽等の整理 Jul 24, 2017
◆吹田晃氏が亡くなった。。お世話になりました。ご冥福を祈ります。 Jun 21, 2017
【冗談話】安倍総理の70年談話前に各国に謝罪する。(2015年8月の下書き) Jun 21, 2017
【9500万人のポピュラー・リクエスト全編】 1963年~1967年(画像による順位表) Jun 08, 2017
【9500万人のポピュラー・リクエスト①】 1963年~1964年(画像による順位表) Jun 08, 2017
【9500万人のポピュラー・リクエスト②】 1965年~1967年(画像による順位表) Jun 07, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう May 31, 2017
◆【他人が作れないレシピを考える】まずは一から出発・再出発できる有り難さ、白紙に描く喜びを知ろう。 May 13, 2017
◆【超音波と衝撃波】NHKは地上の原発の安全性を立証したことになる(再掲載) May 12, 2017
◆【草と忍者(続き)】現代の草と忍者は暗闇世界の使者。光の世界の拡散を妨げることで己の居場所の確保をしている。 May 11, 2017
◆【異常気象は天意の証】無神論者・唯物論者が、日本と世界を滅ぼす(再掲載) May 10, 2017
◆【素晴らしい国:日本】欧米やアメリカ大使館の御方へ。安倍総理の靖国神社参拝は、どこの国でも、ごく、当り前の事ですよ。 May 09, 2017
◆【善い話・怖い話(笑):悪霊退散!台風迂回!】ここ数日の奇妙な出来事(再掲載) May 08, 2017
◆インド、ネパールで、日本に産まれた〔再誕の仏陀〕が説法。インドでは5万人集会で大騒ぎ!(再掲載) May 07, 2017
◆【危機を防ごう】マヤの予言危機を回避しよう(再掲載) May 06, 2017
◆この世の救済も大事だが、【魂の鎮魂】も、とても大切なことだ May 05, 2017
 全記事表示リンク
 【展開可能な】ツリーカテゴリ表示
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m