◆動画、等(クリックされればリンク先に行きます)
動画
リンク       
 軽量 ページネーション
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

◆【TVタックル】名僧達の言葉に疑問。


またまた、[TVタックル]を話題にして申し訳ないと思うが、昨晩(6/30)の僧侶達の発言には、ひとこと、いや、ふたことも、みことも言いたい(笑)

もちろん、[TVタックル]に文句がある訳では無いので、ご勘弁。

だが、私があれこれ言うより、[幸福の科学]の信者さん達の方が、遥かに詳しいと思うので、墓穴を掘らない程度で(汗)、話して見たい。




【自力と他力】

自力門は、ほぼ言われていた通りだ。

仏の智慧を持って、悟りを目指すのだ。

ただし、肉体修行や禅修行に偏るものでは無く、単なる【修行の励み】でも無い。

自らの努力で、知識と経験を蓄え【知恵】にする。

さらには、【善悪、正邪、真偽、優劣、可否】等を、瞬時に判断し、正しき道を選ぶ力を【洞察力】と言う。

【知恵】に、【洞察力】を備えた力を【智慧】と言う。

人間が生きている意味は【知恵】を蓄え、【洞察力】を備えた【智慧の獲得】にある。


他力門は、もちろん天上界の力を頂くことだが、簡単では無い。

まずは、己の心が、天上界と繋がっている事が最低条件だ。

その意味では、[TVタックル]の名僧達の考えは間違っている。

努力無しで、ひたすら念じるだけでは、いけない。

その時の、【心の状態】こそ大切なのだ。

天上界の力を得るには、天上界の心にならなければ、得られないのだ。

その意味でも、【自力あってこその、他力】と、知らなければならない。

どちらかひとつでは無く、【自他力一体】なのだ。




【酒】

■2600年前のインド酒は、未熟で、悪酔いや病人が出ていた。

ゆえに、戎として【不飲酒】があった。

今でも、悪酔いするまで飲むのは、自他共に迷惑なので、控えなければならないとは思うが、現代の酒そのものが悪いのでは無い。


現代の【不飲酒】の酒の意味は、【麻薬、アヘン、違法ドラッグ、等】を指している。

時代に寄って、変化するものもあるので、お間違えのないように。




【不倫問題】

■以前から何度も述べて来たが、私達は、産まれる前に、いろんな約束をして産まれている。

【夫婦になる約束】、【子供になる約束】、【嫁姑になる約束】等々。

さらには、【今回は、貧乏な家に産まれて、出世する】のような元気な魂もいる。

そうした【人生計画書】を書いて、合格した魂達が、母親に宿る。


仏教に【不邪陰(みだらな、ふしだらな不倫関係を禁ず)】の教えがあるのは、道徳的な低レベルのものでは無いからだ。

不倫行為は、【天上界で約束したことを破る行為だ】と、知らなくてはいけない。

それは、何よりも約束相手の魂を、深く深く傷付ける行為であり、どんな言い訳を持ってしても許されるものでは無い。

そうした不倫行為に、深い反省無くしては、まずストレートに天上界に還る事は無理だと思われていた方が無難だ。

徹底的に、心の奥底まで反省が入るまで、オソロシイ場所で過ごすだろう。

それでも良いなら、どうぞ、ご勝手にだ。


■私の長年の[人生相談]でも多々あったし、最初のキッカケになったのも、【不倫への誘惑に悩む男性】だった。

私は、悩む彼に、上のような話をした。

そして、今のあなたには、魔が差しているから、目を醒まして下さい」と、お願いした。

彼も、『ハッ』としたらしく、『危ないところでした。確かに私に魔が差していました。お陰で目が醒めました』と、御礼を述べられたのが、最初だった。


さらには、夫なり妻なりを不倫に走らせる原因が、必ずある。

夫の浮気の原因は、【夫のプライドに配慮しない妻】に、多く見受けられる。

プライドに配慮するどころか、逆のことをしている。

夫にしたら、【外で戦って、家にやすらぎを求めて帰れば、家の中からも攻撃される】ので、次第に外に安住の地を求めるようになる。

男性の不倫の場合は、こうした場合が殆どだ。


女性の不倫は、男と違い、【満たされない心、感情的な心、欲得な心】の持ち主に多い。

簡単に熱して、簡単に冷めてしまうタイプに数多く見掛ける。


こうした夫婦が間違っているのが、【恋愛】と【夫婦愛】の違いが、解っていない事だ。

【恋愛】がハデな[打ち上げ花火]としたら、【夫婦愛】は[線香花火]のようなものだ。

【恋愛】は、『私を見て、俺を見ろ』のような、相手に自己アピールする面を持つが、結婚してからは【夫婦愛】に変容する。

その【夫婦愛】に必要なものが、【相手を思いやり、労る心】だ。


■以前私が、ある雑誌の【仲の良い夫婦の秘訣】の統計調査協力をした時、男性の大半が【我慢・辛抱・忍耐】だった(笑)

対して女性は、【愛(愛し、愛されること)】が殆どだった。

さすがに笑ってしまったが、解からなくもない。


男性に【愛】の回答があったかどうか忘れたが(笑)、そうした男性達の根底には、必ず【夫としての責任感と、夫婦愛】が存在している。

夫が浮気する場合は、この【夫としての責任感と、夫婦愛】が、崩れ掛けているからだ。


私は女性では無いので、女性の正確な心は解からないが、女性が浮気に走る場合は、【感情・感傷的なもの】が多いようにも見える。

全部とは言わないが、概して、男性は理性的な考え方をするが、女性は感性的な場合が多い。

こうした男女の違いがある中で、上手く保つ為には、そうした相手の特性を理解することからだ。


■男性の場合は【我慢・辛抱・忍耐】の答えが来るが(笑)、それを鵜呑みにしてはいけない。

やはり根底には【夫婦愛、家族愛】がある。

結婚後、夫婦となっても、華々しい【恋愛感】で居ると、必ず破綻する。

同じ【愛】でも、【恋愛】⇒【夫婦愛】⇒【家族愛】に変化するものだと、気付かなければ、いけない。


その中に【喜び・幸福】を見付けるのが、【仲の良い夫婦の秘訣】だとも思っている。

そうした観点からでは、[TVタックル]に登場されていた名僧達の回答は、どうだっただろう。

古式仏教の、形骸さを、TVという公の場で垣間見た。




【なぜ、様々な宗派に別れるのか?】

■たけし氏のこの質問に対し、『富士山の登山の例え』で答えて居られた人がいて、ほぼ全員が納得気味に見えたが、間違っている。

こうした考え方を、【一条思想】と言い、共産主義と似ている。


登山道を間違えれば、間違った山に辿り着く。

道に迷う者達も居るし、遭難する者達も居る。

これは、個々の努力に応じて、【悟り】も違う事を、意味する。

【登山道が違えば、向かっている先も、頂上も違う】と、言うべきだ。


■だから、なぜに?様々な宗派に別れるのか?は、個々の【悟りの違い】でもある。

『南無・・・・・』と読んだだけで、天国に行けはしない。

その、『南無・・・・・』の意味は、
日本に仏教が伝来した頃の民人に漢語で教えるのは難しく、【とりあえず『南無・・・・・』を詠んで、心を静める処から始めなさい】、と言うものだ。


本当の宗派の違いは、【教えの中の悟りの違い】であり、【文化・文明の違い】にある。

2600年前に、お釈迦様が説かれた仏教とて、【継承者】が間違えれば、時が経つに連れて、本物の教えと違う【中身空洞化】が起きる。

例えば、【継承者】が1%間違っても、たとえ99%正しくても、時が経つに連れて、本来とは違ったものになる。

0.99×0.99×0.99×0.99×1×0.99×0.99×0.99×1×0.99×0.99×0.99×0.99×0.99×0.99×1×0.99×0.99×1×0.99×0.99×0.99×0.99×0.99≒0.82%
になる。

同じように、99%悟りの人が、50回続ければ、最初の教えの約60%だ。

100回続ければ約30%

200回続ければ約15%

時代が下るほど、本来の教えとは異なって来る。

これが、【宗派(教え)の違い】となって現れる理由でもある。

お釈迦様入滅後、
2600年経った今まで、200人の継承があるとすれば、本来のお釈迦様の教えを継承する仏教教義は、たったの15%程度しかない理屈だ。


だから、時折、【本来の教えに戻す為に、正しい道を説く人が産まれて来る】。

その人達こそが、モーゼ、イエス、ルター、モハメット達であり、仏教の高僧達だ。


さらには、数千年おきに、地球的指導霊が降臨されて来た。

現在の[幸福の科学]の総裁は、そうした地球的大指導霊として降臨されて、【真なる(天上界の)法】を降ろしながら、説き続けられている御方だ。

その証拠は、私のような凡人でも、[TVタックル]に登場されていた名僧達の正誤が解かることだ、と言えるかも知れない。




【愛か金か】

■まず、この世に於ける【金】は、価値中立なものであり、【使う人次第、使われ方次第】で、変化するものだ。

【愛】とは普遍的なものであり、さまざまな段階の愛があるが、【天上界に通じるものだ】と知らなければ、間違ってしまう。

肉欲から来る性欲は、正確には【愛】とは呼べないものだが、あえて言えば【動物的な愛】だと、知っていた方がいい。

地球上で最も高等な人類が、そうした【動物的な愛】に拘る事こそ、疑問を抱いて頂きたい。


上の[悩み相談者]も同じだが、【魔が差している】のだ。

人間と生きる為の【邪魔】をしている存在が、惑わしているのだ。

それでも解からなかったら、【悪魔の手下に導かれている】と、思った方がいい。

もちろん、死後の世界は、天国では無い。悪魔の手下の所へと堕ちる。


どうして、[TVタックル]の名僧達は、そうした【生前の世界と、死後の世界】を語らないのだろう?

どんな仏教であれ、【天竺と奈落】は、明確に説かれているはずだ。(ここで言う天竺は、インドの事では無い)




【集団的自衛権に正義はあるのか?】

■おもしろいもので、これまた『ある』と『ない』に分かれたが、『そもそも仏教には正義は存在しない』と、オソロシイことを言われる人がいた。

私は、このブログで、孔子の十徳の教えの中の、【義】の話を何度も書いている。

その【義】の中に【我:我欲】が、あるからダメだと言われる。

もう少し、勉強為されて発言された方が良いかと思う。


■真なる【義】の意味は、上に書いている【善悪、正邪、真偽、優劣、可否】等を、瞬時に判断し、正しき道を選ぶ力の、【洞察力】の事だ。

【義】とは、一瞬で、【善悪】、【正邪】、【真偽】、【優劣】、【可否】を見分けて、判断する意味だ。

さらに、【正義】となると、その一瞬で見分けて判断した道が、【正しい道】だと言うことだ。


もっと簡単に言うと、【義】とは【真なる人の道】の事であり、【正義】とは【その道の正しさ】を言う。

吉田松陰が使っていた【至誠】と、同じことだ。

名僧ともあろう人が、こんな大事なことを、間違って伝えられるのは、大変なことだ。


■【集団的自衛権】に限っては、当ブログ主から、わざわざ是非を言うべくも無い。

ただひとつ、【日米安保】も、アメリカ側からしても【集団的自衛権】である事を、忘れてはいけないと思う。

日本に何かあったとしたら、【日米安保同盟】の中の【集団的自衛権】をアメリカは行使出来る【権利】を持つと言う事だ。

実際に、その【権利】を行使するか否かは、定かでは無いが、日本も同じく同盟関係国なら、【集団的自衛権】を持つ事は、当前の事だ。


それを、2600年前の、釈迦族を滅ぼした戦いと、擦り替えないで頂きたい。

【平和憲法】が日本を護るのでは無く、【政府と日本人】が日本を護るのだ。

2600年前の釈迦族は、それこそ【平和憲法】を護って、滅亡した。

当時の釈尊の教え(争い事は避けよ)が間違って居たのでは無く、【争い事と、戦争】の違いを間違って受け止めていたのだ。

【平和憲法】が日本を護ると言う人は、2600年前の釈迦族と同じ道を歩もうとしているかも知れない。




■[TVタックル]を見ながら思い出した事を、簡単に綴ってみたが、私の間違いもあるかとは思う。

私もまた、【道行く人】であり、【求道者】なので、100%、百点人間では無いことは、それこそ百も承知だ。

ただ、各宗派の名僧と呼ばれる方々が、私の同級生達坊さん達と変わらないのには、残念でならない。



1つでも良いです。ポチッと応援、お願い致します m(._.)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
関連記事
スポンサーサイト

Theme [心と身体] Genre [心と身体]
Trackback [0] | Comment [2] | Category [信仰と我が人生] | 2014.07.02(Wed) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


No title

名僧でなく、迷僧でしょう。(笑)

2014.07.02(Wed) 08:02 | 英 [URL] | 編集 | ▲PageTop

No title

一瞬、字を間違っていたかと思いましたよ(笑)

2014.07.02(Wed) 14:03 | phoenix [URL] | 編集 | ▲PageTop

 アルバム
 最新記事一覧(サムネイル画像付き)
◆【さまざまな人生模様】素晴らしい二人の体育教師 Apr 28, 2017
◆【無から有へ】何も無い処から、生み出す・創りだす面白さ Apr 27, 2017
◆【礼、智、 信、義、勇、仁、徳】仏の智慧で世界を救い導け。正義を貫き、不義に妥協することなかれ。 Apr 26, 2017
◆【目は心の窓】個性さまざま、放ち放たれた言葉 Apr 25, 2017
◆【正論、必ずしも正義ならず】義憤としての冷静な怒り Apr 24, 2017
◆【知は力】失敗を反省し、繰り返さないことの大切さ Apr 23, 2017
◆【幸福の科学:緊急霊言】追い詰められた金正恩守護霊、トランプ氏に挑発メッセージ Apr 21, 2017
◆【病原菌の正体】新型インフルエンザに思う Apr 20, 2017
◆【反省と感謝】暴風雨人生から立ち直るには反省と感謝が絶対不可欠。常態化すれば上昇階段が現れるだろう。 Apr 19, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々(3) Apr 18, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々(2)。 Apr 17, 2017
◆【国民の生命を護ろう!】核・水爆・EMP・生物・化学兵器に、何等の抑止力を持たない日本国 Apr 16, 2017
◆【若き頃のバイタリティは素晴らしい】大学時と共産主義者との出逢い Apr 16, 2017
◆【北朝鮮危機】今こそ日本人の本物の信仰心の試される時 Apr 15, 2017
◆【身辺に起きた奇跡現象】私の身辺に起きた本当の話の数々。 Apr 15, 2017
◆【雨・風・雷・台風】偶然にしては、あまりにも・・ Apr 14, 2017
◆【不思議な出来事】ネットで起きた実話、夢の中で見た真実、信じられないような話・・ Apr 14, 2017
◆【驚きと得心】本物の宗教に出逢えた喜びを、体験談として少しだけ Apr 13, 2017
◆【天国vs地獄は、信仰心vs無神論・唯物論】日本国家を救えるのは無神論者・唯物論者では無い。信仰心溢れる人達こそが日本を救い世界を導く Apr 12, 2017
◆【天国vs地獄】幸福の科学に出逢えて良かった!嘘偽りの無い本当の話 Apr 12, 2017
◆「幸福の科学」の教えには人類普遍の法則が説かれている Apr 12, 2017
◆【奇病】明るい心は光と、暗い心は闇と、波長は同通する Apr 11, 2017
◆【永遠なる魂と本物の真理】創価学会員の義叔母が亡くなった。晩年の義叔母は[幸福の科学の生命の法]を大絶賛し近所の人達に見せていた。 Apr 11, 2017
◆【人生の王道】人生の終末期に起きること Apr 11, 2017
◆【10年前の私的政治思考】選択の自由には責任が伴う(2008年:幸福実現党始動前のブログ) Apr 10, 2017
◆まずは、自らを高める Apr 10, 2017
◆【信仰心は未来を見る力】何を信じて、何と縁を持つかで未来が変わり、この世の生き方で還る場所が違う。 Apr 10, 2017
◆【未来は光か闇か】光は放射する事で闇を打ち消すが闇を放射して光を消す事は出来ない。光を取るのか?闇を取るのか? Apr 09, 2017
◆【愛のテーブル】愛は光。光の放射で闇は消えるが、闇を放射しても光は消えない。 Apr 09, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう Apr 09, 2017
◆【核より怖いEMP】日本は抑止力として持つべきだろう Apr 09, 2017
◆【自殺は悪】自殺してはいけない本当の理由 Apr 09, 2017
◆無用の用 Apr 08, 2017
◆悪にも「為す悪と為さぬ悪」があります Apr 08, 2017
◆【自殺しないでください】天上界から見たら、自殺も他殺も同じです Apr 07, 2017
◆【My Life】仮面の母 Apr 07, 2017
◆【My Life】父の死 Apr 06, 2017
◆【病魔との戦い】大量の病気、絶対治らないと言われた病気まで、全部治った! Apr 05, 2017
◆【人生相談】うつ病の母との葛藤の中、自分も同じ病に Apr 04, 2017
◆【祈願(前)の奇跡】母の極度の痴呆が、瞬時に治った。 Apr 03, 2017
◆【自分記】神さまの子? Apr 03, 2017
◆【My Life】人ありてこそ我あり Apr 02, 2017
◆【祈願】への疑問。その仕組を知り得心。 Apr 02, 2017
◆【田布施システムは嘘!】血筋より志(こころざし)(過去記事移動 + 加筆) Apr 01, 2017
◆【国防はどうした!】北に核ミサイルを撃たせるな!半島情勢の今と今後は? Mar 22, 2017
◆【未熟な現代科学】知ってるつもりの現在の科学文明、そして未来。 Mar 15, 2017
◆【公教育の質を問う】学校、先生、PTAって? Mar 14, 2017
◆【真なる改革者は在野から】既存地位のある者の中から、真の改革者は生まれていない。 Mar 13, 2017
◆【日本は世界平和貢献国】東洋と西洋の文化の交わる地、日本を思う。 Mar 12, 2017
◆【苦と霊的人生観】苦を試練として受け止めよう Mar 11, 2017
 全記事表示リンク
 【展開可能な】ツリーカテゴリ表示
 ◆1つでもよいです。応援、お願い致します m(._.)m